オトコの別腹

中村征夫さん
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

  • 「久世福商店」の蜜自慢かりんとう
  • 中村征夫さん

 水中での撮影は体力勝負です。自分の体やカメラが潮に流されないように、撮りたい瞬間を待つ。神経も使います。その合間に食べたくなるのが、このかりんとう。スタッフや現地ガイドさんたちと分け合います。

 海から上がると口の中には塩っぽさが残り、ボンベの圧縮した空気を吸って乾燥しているので、柔らかな甘さがぴったり。さらに、黒糖が染み渡っていて絶品です。休憩中も作業が多くて両手がふさがっているので、ぽんと口に入れられる大きさもいいですね。6月のフィリピン、7月のエジプト・紅海ロケにも、もちろん持参します。

 もともと黒糖が好き。40年以上撮影に通う沖縄で、さとうきび畑や工場を訪ねて、その味に感激しました。小浜島に住むダイビングガイドの友人が1年分の黒糖を送ってくれるので、料理にも使っています。

 海には、潜って初めて分かる発見ばかり。写真を通して海の世界をイメージしてもらいたくて、今もなお撮り続けています。そこにも人間と同じ営みがあると知ることが、海の環境を考えるきっかけになると思います。

 ◆全国の「久世福商店」約100店舗で販売。
 702円。
 問い合わせはサンクゼール(0120・537002)。


 なかむら・いくお 水中写真家。
 1945年生まれ。海の生物の営みや海を取り巻く人々を取材。主な作品集に「全・東京湾」「海中顔面博覧会」「遙かなるグルクン」。新刊に写真絵本「あっぷっぷ」。

(2019年5月23日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「廣榮堂」の元祖きびだんご

鈴鹿央士さん
「廣榮堂(こうえいどう)」の元祖きびだんご

岡山出身の僕にとってきびだんごと言えばこれ。小さいころから食べていたし、学校の給食で1個とか2個とか出てきたんですよ。

「リンツ」のリンドール

橋本じゅんさん 
「リンツ」のリンドール

一般男性が一生に食べる分のチョコレートは既に食べていると思います。中2の時、バレンタインデーに自分のチョコを買いに行き、店のオヤジに「寂しい人生だなぁ」ってからかわれたくらい。

「LiQumu」のリキュームセット

中村七之助さん
「LiQumu」のリキュームセット

これはソフトクリームだけでももちろんおいしいですが、お酒をかけて食べられるところがミソ。200種類くらいあるリキュールの中から3種類を選べるんです。

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

9月13日 注目グッズ
「しゅくだいやる気ペン」など

漢字の書き取りや計算。宿題はあるけど、やる気が出ない……。そんな子には、やる気を「見える化」する「しゅくだいやる気ペン」だ。

鈴木ヒラクさん(アーティスト)「コヤニスカッツイ」(1982年)

私の描くグッとムービー

鈴木ヒラクさん(アーティスト)
「コヤニスカッツイ」(1982年)

せりふは一切なく、映像とミニマル・ミュージックで知られる作曲家フィリップ・グラスの音楽だけで描いたドキュメンタリーです。

「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

おんなのイケ麺(めん)

望月理恵さん
「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

ラーメンはあまり食べないのですが、担々麺は大好き。特にこのお店は、一時期週3回も通っていたほどはまりました。

棟方志功 棟方志功記念館

私のイチオシコレクション

棟方志功 棟方志功記念館

青森県出身の版画家・棟方志功(1903~75)。自身が生み出す版画を「板画」、肉筆画を「倭画」と呼び、他にも油絵や書を手がけました。

お知らせ(更新情報) 10月1日からはがき代が62円から63円に、往復はがき代が124円から126円になりますのでご注意下さい。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。