オトコの別腹

山本幸久さん
「フランス製菓」のタヌキ

「フランス製菓」のタヌキ

「フランス製菓」のタヌキ

  • 「フランス製菓」のタヌキ
  • 山本幸久さん

 10年前、かわいいし2人の子どもが喜ぶだろうと思って買ったら、富山県出身の奥さんが知っていたんです。子どものころに食べていたらしく、そこから興味を持って何軒かまわったうちの一つが「フランス製菓」。タヌキケーキは、昭和40年代、ケーキが高級品だったころに、町のケーキ屋さんが手が届くような値段で作ったもの。当時は全国的にはやったみたいだけど、今は都内でもほとんど見かけず、絶滅危惧種的な扱いなんです。

 ここは形がしっかりした正統派のタヌキ。こってりと甘いバタークリームとスポンジが、チョコレートでコーティングされています。昔家庭で作ったときのガツンと甘いクリームの味がして、懐かしい。お金がかからないように工夫を重ねたころのまま、時代を生き抜いてきたんだなと感じます。

 色々なケーキが並んでいるショーケースに、いきなりタヌキがいるとちょっと笑っちゃう。「まだいるんですよ」って消極的なたたずまいが、哀愁があっていいんです。一度小説に書こうと思ったこともある。見た目もいいし、もっと世間に普及してほしいですね。

 ◆東京都板橋区赤塚2の2の5
(問い合わせは03・3930・2255)。
 280円。
 「大仏サブレー」(1個110円)も人気。
 午前9時~午後8時。(火)休み。


 やまもと・ゆきひさ 作家。
 6日に「あっぱれアヒルバス」(実業之日本社文庫)が発売。近著に「店長がいっぱい」(光文社文庫)、「誰がために鐘を鳴らす」(角川文庫)など。

(2019年8月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

大貫勇輔さん
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

甘い物は舞台の合間に、片手でパッと食べられる物が好み。陸乃宝珠は差し入れでいただきました。

「マールブランシュ 加加阿(カカオ)365」の加加阿365

桂米団治さん
「マールブランシュ 加加阿(カカオ)365」の加加阿365

京都とは縁深く、父の米朝亡き後も東山の安井金比羅宮で一門の勉強会を続けておりますし、KBS京都ラジオで番組も持たせていただいてます。

「シャトレーゼ」の菓心源助 餅入り最中

古川雄大さん
「シャトレーゼ」の菓心源助 餅入り最中

もなかは昔から僕の定番です。おばあちゃんがあったかい緑茶と一緒に出してくれて、その組み合わせがすごくおいしかった。

「桃林堂」の小鯛焼

三池崇史さん
「桃林堂」の小鯛焼

大阪の八尾出身ですが、このお店も八尾が発祥なんです。大正時代からの老舗で前から知ってはいたけど、僕たち世代の子どもの頃は和菓子が縁遠くて食べたことがなかった。

新着コラム 一覧を見る
「きかんしゃトーマス」

シネマNEWS

「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、場面写真解禁!前売り特典も決定!

2020年には原作誕生から75周年を迎え、全世界で人気を博す「きかんしゃトーマス」。

「クレヨンしんちゃん」

シネマNEWS

今旬な俳優・山田裕貴、映画しんちゃんゲスト声優で声優初挑戦!!

ラクガキングダムの王国軍を率いて「ウキウキカキカキ作戦」を実行に踏み切るキーパーソン・防衛大臣役にゲスト声優として山田裕貴が大決定!

三遊亭兼好さん(落語家) 「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

私の描くグッとムービー

三遊亭兼好さん(落語家)
「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

ゲラゲラと笑って見るのが好きな人間でしてね。でも、この映画は私が28歳で入門して間もない頃かな、妻がDVDで借りてきたのを一緒に見て、幼い兄妹と家族の温かさに胸を打たれた作品です。

ブームの卵

ブームの卵

1月24日 注目グッズ
「ボルダリングレース」など

東京五輪で初めて正式競技として採用されるスポーツクライミングを、卓上で気軽に楽しんでみない?

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。