読んでたのしい、当たってうれしい。

オトコの別腹

中村勘九郎さん
「おせんべいやさん本舗」の黒胡椒(こしょう)せん

「おせんべいやさん本舗」の黒胡椒(こしょう)せん
「おせんべいやさん本舗」の黒胡椒(こしょう)せん
「おせんべいやさん本舗」の黒胡椒(こしょう)せん 中村勘九郎さん

 祖父は「勘三郎せんべい」という名の商品ができるほどせんべい好きでしたが、僕も小さい頃から好き。甘い物は苦手で、おやつは食べませんでした。息子たちは甘い物が好きですけどね。長男の勘太郎は完全に和菓子派、次男の長三郎はチョコ命。

 差し入れで頂いた「黒胡椒せん」に出合ってからはこればかり食べていて、大袋のものを必ず家にストックしています。ピリッとした黒胡椒がたっぷりとまぶしてあって、ガツンとくる味がビールやハイボールにぴったり。胡椒の残った指をなめながらもまだ飲めます(笑)。薄焼きなのも気に入っているところ。お酒は家で毎晩飲みます。子どもを寝かしつけたあとに妻(前田愛)と一緒に飲みながらこれをつまんで、配信ドラマを見る。夜はそんな時間を過ごしています。

 「煎遊」の創業者は、塩せんべいを売りながら、唄や踊りに通じて巡業までした粋人と聞きました。歌舞伎でも「助六」や舞踊「乗合船恵方萬歳」などに粋な通人が登場しますが、この役がまあ難しい。つかみどころのない匂いや雰囲気を現代で演じるためには、一生涯かけて追求していかないと。通人の風情を醸し出せるようになることは、僕の夢です。

 ◆埼玉県深谷市の本店をはじめ、東京や群馬などに35店舗。
 大袋入り(150g)290円、16枚入り350円ほか。
 オンラインショップや電話でも注文可(送料別)。
 問い合わせは新井製菓(048・571・4911)。


 なかむら・かんくろう 歌舞伎俳優。
 1981年東京都生まれ。29日まで、東京・銀座の歌舞伎座「三月大歌舞伎」の第一部「猿若江戸の初櫓(はつやぐら)」に猿若役で、中村七之助(出雲の阿国役)と共に出演。

(2021年3月18日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

オトコの別腹の新着記事

  • 河合敦さん
    「港常」のあんずちゃん
     小学4年生のころ、塾が終わるとみんなで自転車に乗ってよく立ち寄ったのが駄菓子屋。マンガを立ち読みして、このあんずちゃんを買っていました。水あめの甘さとアンズのほどよい酸っぱさがおいしかった。勉強で疲れた頭によかったのかも。大人になって、たまに思い出しては食べたくなって、駄菓子屋をのぞいていました。駄菓子屋が減った40代後半からは、年に何回かネットで箱買いをしています。

  • 蒲田健さん
    「常乃菓舎(ときのかしゃ)」のモンブラン
    僕の地元、たまプラーザ周辺はスイーツ激戦区。2021年にお店がオープンした時は心配していましたが、家族で試しに食べてみたところ、そのおいしさに一同驚愕(きょう・がく)。

  • 小堺翔太さん
    「トップス」のチョコレートケーキ
    小学校低学年の頃からずっと、誕生日には必ずこのケーキを食べています。東京・赤坂の旧TBS会館にお店があった頃、チョコレートが好きな僕に、父(小堺一機さん)が買ってきてくれました。

  • 岩永洋昭さん
    「福田屋本舗」のカステラ
    今は亡きおじさんと過ごした時間や、地元にいた日々を思い出す、変わらない思い出の味です。

新着コラム