読んでたのしい、当たってうれしい。

オトコの別腹

中村勘九郎さん
「おせんべいやさん本舗」の黒胡椒(こしょう)せん

「おせんべいやさん本舗」の黒胡椒(こしょう)せん
「おせんべいやさん本舗」の黒胡椒(こしょう)せん
「おせんべいやさん本舗」の黒胡椒(こしょう)せん 中村勘九郎さん

 祖父は「勘三郎せんべい」という名の商品ができるほどせんべい好きでしたが、僕も小さい頃から好き。甘い物は苦手で、おやつは食べませんでした。息子たちは甘い物が好きですけどね。長男の勘太郎は完全に和菓子派、次男の長三郎はチョコ命。

 差し入れで頂いた「黒胡椒せん」に出合ってからはこればかり食べていて、大袋のものを必ず家にストックしています。ピリッとした黒胡椒がたっぷりとまぶしてあって、ガツンとくる味がビールやハイボールにぴったり。胡椒の残った指をなめながらもまだ飲めます(笑)。薄焼きなのも気に入っているところ。お酒は家で毎晩飲みます。子どもを寝かしつけたあとに妻(前田愛)と一緒に飲みながらこれをつまんで、配信ドラマを見る。夜はそんな時間を過ごしています。

 「煎遊」の創業者は、塩せんべいを売りながら、唄や踊りに通じて巡業までした粋人と聞きました。歌舞伎でも「助六」や舞踊「乗合船恵方萬歳」などに粋な通人が登場しますが、この役がまあ難しい。つかみどころのない匂いや雰囲気を現代で演じるためには、一生涯かけて追求していかないと。通人の風情を醸し出せるようになることは、僕の夢です。

 ◆埼玉県深谷市の本店をはじめ、東京や群馬などに35店舗。
 大袋入り(150g)290円、16枚入り350円ほか。
 オンラインショップや電話でも注文可(送料別)。
 問い合わせは新井製菓(048・571・4911)。


 なかむら・かんくろう 歌舞伎俳優。
 1981年東京都生まれ。29日まで、東京・銀座の歌舞伎座「三月大歌舞伎」の第一部「猿若江戸の初櫓(はつやぐら)」に猿若役で、中村七之助(出雲の阿国役)と共に出演。

(2021年3月18日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

オトコの別腹の新着記事

  • 竹内薫さん
    「ありあけ」の横濱ハーバー
    原稿で行き詰まった際などに、甘いものを食べることが多いです。脳は糖分を栄養源とするので、甘いものを食べると短時間でエンジンがかかりますよね。

  • 北村薫さん
    鶴牧煎餅(せん・べい)店 しょうゆ煎餅
    埼玉県内の日光街道沿いには六つの宿場町があり、せんべいで有名な草加宿だけでなく、ここ杉戸宿を含め、宿場ごとにおせんべい屋があったものです。私の育った杉戸宿には、鶴牧煎餅店があります。

  • 高橋弘樹さん
    「ふわり」の和栗モンブランかき氷
    人形町って名店がいっぱいあるじゃないですか。家からも近くて、よく自転車で街をふらふらしてお店を探すのが好きで。このお店は、去年の月にオープンしてすぐの頃にたまたま見つけて、入ってみたらすごくおいしかったんですよ。

  • 桃月庵白酒さん
    「ACHO神楽坂」のプリン
    東京・神楽坂に住んでいた当時、いつも通る道は決まっていたんです。その日は、仕事で自転車で矢来町の新潮社に行った帰りがけ、ふと、故・志ん朝師匠のお宅は今どうなってるかな? ちょっと行ってみようと思って、住宅街に入っていったらこのお店があったんです。

新着コラム