美博ノート

国宝「源氏物語絵巻 東屋(一)」

源氏物語の世界 王朝の恋物語(徳川美術館)

国宝「源氏物語絵巻 東屋(一)」

平安時代(12世紀)、同館蔵

 本作(12月16日まで展示)に登場するのは、「源氏物語」宇治十帖後半のヒロイン、浮舟。滞在していた異母姉の中君(なかのきみ)の屋敷で匂宮(におうのみや)に襲われそうになる。傷ついた浮舟に、中君が絵物語を見せて慰めている。

 この場面から、当時の姫君たちもこのように「源氏物語絵巻」を読んでいたことがわかる。女房たちは物語絵や屛風(びょうぶ)絵を参考に、どんな時にどういう和歌を詠めばよいのかを姫君に教育した。宮中の女性の恋愛指南書でもあったのだ。

 また、右側にいる女房たちは、後年、物語の語り手になることを示している。「じつは『源氏物語』は光源氏や薫に仕えていた複数の女房が昔語りをしているという形をとっているのです」と学芸部長の四辻(よつつじ)秀紀さんは話す。

(2018年12月4日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「グレーの柳」

「グレーの柳」

黎明(れいめい)期の洋画の啓蒙(けいもう)と普及に努めた浅井忠(ちゅう)(1856~1907)。

国宝「源氏物語絵巻 宿木(三)」

国宝「源氏物語絵巻 宿木(三)」

現存する「源氏物語絵巻」19場面中、和歌のやり取りを描くのは10場面。特に本作は、和歌で登場人物の心情を表現した、優れた歌絵だ。

国宝「源氏物語絵巻 竹河(二)」

国宝「源氏物語絵巻 竹河(二)」

約900年前に制作された「源氏物語絵巻」。徳川美術館では現存する絵画19場面のうち15場面を所蔵し、毎年秋に公開。

西村千太郎「納屋橋風景」

西村千太郎「納屋橋風景」

名古屋市美術館は、地元を中心に東海地方にゆかりのある作家の作品も収集している。本作は、同市出身の洋画家・西村千太郎(1907~94)の風景画。

新着コラム 一覧を見る
「赤福」の赤福餅

オトコの別腹

伊藤健太郎さん
「赤福」の赤福餅

伊勢(三重県)は第二の故郷という感じです。母方の祖父母の家が伊勢神宮の近くにあって、学校が夏休みや冬休みの間は伊勢に滞在することが多かったんです。

「道頓堀今井」のきつねうどん

おんなのイケ麺(めん)

阿川佐和子さん
「道頓堀今井」のきつねうどん

東京生まれで、関東の味に慣れていたので、小学生の頃、初めて食べた関西のきつねうどんに、とても感動しました。

キリン 鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

アートリップ

キリン 
鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

静かな住宅街の一角。東京都練馬区立美術館につながる「美術の森緑地」に足を踏み入れると、不思議な生き物たちの彫刻群に出会った。

フォービスム ひろしま美術館

私のイチオシコレクション

フォービスム ひろしま美術館

今年開館40年を迎えた当館では、フランス近代美術を中心とした所蔵品約300点から、約100点を年代順に展示しています。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。