美博ノート

「ワニのベンチ」

美術のなかのどうぶつたち(古川美術館)

2019年 樹脂・木

2019年 樹脂・木

 陶芸作家の父が作る動物が好きだった。彫刻家、鈴木紹陶武(つとむ)のモチーフは、一貫して動物だ。鈴木が作り出す動物はみな、木の家の中にいたり、胴体が木箱だったりする。

 ワニを題材に胴体を平屋の家で表現しようと考えていた矢先、動物園で後ろ足で立つように水中を漂うワニに遭遇。胴体部分の木箱に、ワニの後ろ足が浮く長さの脚を付けてベンチに変更した。細長い瞳孔の金色の目やウロコの質感、鋭い歯などリアルに作り込んであるが、どこか愛らしい。実際の胴体よりも長さを縮めて作った木箱や、ぶらんと脱力し、やや内向きの後ろ足がユーモラスだ。

 実物同様、後ろ足は4本指で薬指の爪がない。テーマの動物を決めると、東山動植物園や名古屋港水族館に通い、様々な角度からスケッチを繰り返し徹底的に観察。生態まで調べあげる。新鮮な驚きや意外な発見が造形のヒント。同じ姿を持つ種が二つとない動物に魅了されている。

(2020年6月16日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「眼をとじて」

「眼をとじて」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンは、1890年ごろにその作風の転換期を迎える。

「『起源』Ⅱ.おそらく花の中に最初の視覚が試みられた」

「『起源』Ⅱ.おそらく花の中に最初の視覚が試みられた」

ギョロリとした人の目を持つ花。目の周りを取り巻くのはまつげか、綿毛か、それとも光か

「裸婦」

「裸婦」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンが活動した19世紀末の潮流や、日本でルドンがどのように受容されてきたのかを所蔵品の約70点で考察する。

「スイスタモ」

「スイスタモ」

1960年代以降、白や黒、金色の小さなタイルを並べ、幾何学的な模様に仕上げた抽象的な作風に様変わりする。

新着コラム 一覧を見る
劇場

シネマNEWS

『劇場』上海国際映画祭へ!

芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化し、主演に山﨑賢人、ヒロインに松岡茉優を迎えた映画『劇場』。

ブームの卵

ブームの卵

8月7日 注目グッズ
「aketene(アケテネ)」など

封筒を開ける時、手で破くと中身も一緒に破けちゃったり、ハサミを探すのが面倒だったりするよね。

是恒さくらさん(美術家)<br>「サーミの血」(2016年)

私の描くグッとムービー

是恒さくらさん(美術家)
「サーミの血」(2016年)

映画館へ行くと、気になったポスターをチェックしています。これはポスターに写る女の子の、目の力にひかれて見た作品。

誰かが、見ている

シネマNEWS

脚本/演出・三谷幸喜×主演・香取慎吾で、日本中をユーモアで包み込む!

Prime Video 5周年記念作品 Amazon Originalドラマシリーズ、脚本/演出・三谷幸喜×主演・香取慎吾『誰かが、見ている』の配信日が2020年9月18日(金)に決定!初ティザー映像が解禁された!

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


♦お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。