読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

「緑影」

田渕俊夫と日本画の世界 美をつなぐ(メナード美術館)

田渕俊夫 1972年 紙本彩色 170×215センチ
田渕俊夫 1972年 紙本彩色 170×215センチ

 1970年に愛知県立芸術大学の助手となり、長久手市に転居した田渕俊夫氏は、周囲の草花をよく題材にした。

 真夏の炎天下、仕事の合間をぬって学内に群生する常緑ササのメダケをスケッチした。ロール紙に原寸大で、汗だくになりながらも一本一本の線を細密に描くことに没頭。それをもとに再構成した本作は、芽吹いて繁茂し、枯れ落ちるまでが捉えられている。後の田渕氏のテーマとなる「いのちの循環」だ。

 誰もが目にする身近な風景を題材にしながら、見えていないものに気付かせてくれる作品の数々。その原点には、必ず「感動」があるという。「最初のハッとする瞬間をスケッチの時点で大切に描くことで、気持ちを頭に焼き付けているんです」と主任学芸員の宮崎いず美さん。

 よく見ると、色をのせずに線だけで表現している部分もある。描いては消すを繰り返し、極限まで向き合った線の持つ力を信じて、色を塗らずに表現しているという。

(※6月21日まで臨時休館中)

(2021年6月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム