読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

釉下彩銀杏文(ゆうかさいいちょうもん)ポット

西浦焼 電燈所 た禰コレクションを中心に(多治見市美濃焼ミュージアム)

釉下彩銀杏文ポット 19~20世紀 器高26センチ、口径8.8センチ、胴径13センチ
釉下彩銀杏文ポット 19~20世紀 器高26センチ、口径8.8センチ、胴径13センチ

 西浦焼の代表的な表現技法である「釉下彩」は、透明な釉薬の下に模様を施す。型紙の上からスプレーなどで絵の具を吹き付け、色の数だけ繰り返す。筆だけで描くのとは異なるおぼろげで柔らかな雰囲気が特徴だ。

 ロイヤルコペンハーゲンなど欧米の陶磁器メーカーが研究を重ねて開発。5代目西浦圓治(1856~1914)のころ、欧米の万博に視察員を送るなどして採り入れた。

 5代目当時の制作と思われる本作は、持ち手の意匠や流線形の本体、植物がモチーフとなっている点などがアールヌーボー様式を反映しているという。世界の流行がジャポニスムからアールヌーボーへと移り変わる流れも、5代目圓治は敏感にとらえていた。

 学芸員の岩城鮎美さんは「身近なイチョウの葉をモチーフにした点や大胆な構図が日本的。アールヌーボーと融合させたのがおもしろい」と話す。和洋が影響しあう時代の中で西浦焼は発展した。

(2021年6月29日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム