読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

ゴアナとヤムイモと精霊

「精霊たちのいるところ アボリジニの美術」展(岐阜県美術館)

作者・制作年不詳 145.0×98.3センチ 天然顔料、樹皮
作者・制作年不詳 145.0×98.3センチ 天然顔料、樹皮

 オーストラリア先住民の美術(アボリジナルアート)を紹介する今展。ユーカリの樹皮に天然顔料で描かれた本作の題材は、彼ら特有の物語「ドリーミング」だ。

 ドリーミングとは、文字を持たない先住民が祖先から子孫へ伝える創世記であり、知恵や知識の体系でもある。人それぞれに異なり、他人のドリーミングを勝手に描くことは許されないという。

 本作のモチーフはユーカリの木、鳥、ゴアナ(オオトカゲ)、ヤムイモ、狩人の精霊。これほど多くのものが描かれた絵は珍しく、狩猟の物語とみられる。

 先住民のアーティストは、こうした作品を居住区に設けられた「アートセンター」で制作し、日用品購入に必要な金を受け取る。1990年代に作品収集のため現地を訪れた副館長の正村美里さんは、「彼らには裕福になるために描くという意識はなく、数も限られているため、その時に出会った作品が全てなのです」と話す。

(2021年10月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

美博ノートの新着記事

  • 生田敦盛 穏やかな表情で子を見つめる平敦盛の姿は、今にも消え入りそうだ。

  • 桃太郎/金太郎 歴史画家として知られる守屋多々志は、古今東西の物語や伝説をもとにした作品も多く残した。

  • 帯留「葡萄」 「養殖真珠ならではの統一性という特徴を生かした洗練されたデザイン」

  • 真珠貝玉箱 東南アジアで制作され、貿易により徳川家康が入手したと考えられる小箱

新着コラム