読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

「上絵金彩花鳥図カップ&ソーサー」

優美な曲線から歴史が伝わる カップ&ソーサー物語(横山美術館)

明治前期~中期 井村彦次郎陶器店
明治前期~中期 井村彦次郎陶器店

 東洋風の山水に色とりどりの花と鶴。金の縁取りが施された本作は「日本横濱 井村製」との銘がある。

 港や居留地のある横浜では明治初め、輸出向けの陶磁器の生産や販売が急成長した。横浜随一の陶磁器商・井村彦次郎は瀬戸など他産地の白地の焼き物に絵付けして販売する「横浜絵付(えつけ)」の先駆者とされる。

 カップを内側から見ると絵が透けて見えるほど薄い。「卵殻手(らんかくで)(エッグシェル)」と呼ばれ、長崎の三川内(みかわち)焼から技術が広まり、明治以降に各地で生産されるようになったという。

 学芸員の中澤麻衣さんは「薄く均一で技術の高さがわかります」と話す。熱湯で抽出する紅茶の器は、冷めやすいように薄手で飲み口が広いものが好まれた。

 明治・大正期、国を挙げて欧米への輸出が奨励された陶磁器。今展では各地でつくられた華やかな茶器145点を紹介する。

横山美術館
https://www.yokoyama-art-museum.or.jp/

(2021年11月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

美博ノートの新着記事

  • 瑞鳳扇(ずいほうせん) 瑞雲(ずいうん)と鳳凰(ほうおう)の吉祥柄を表すつづれ織り地を表と裏それぞれに張った扇。ちりばめられた大小1600粒以上の真珠が、気品ある輝きを放つ。

  • 五十三次 京三條橋 江戸・日本橋から約500キロ、東海道五十三次の終着点は京の玄関口・三条大橋。東山や八坂の塔を背景に、頭に薪をのせて売り歩く大原女、茶筅をさした竹棒をかつぐ茶筅売り、衣を頭にかぶった被衣姿の高貴な女性が行き交う。

  • 五十三次 府中 日暮れて間もない時分、遊郭の入り口で、ちょうちんを持った女性と馬上の遊客が言葉をかわす。馬の尻にはひもでつるされた馬鈴。「りんりん」とリズム良く響かせながらやってきたのだろうか

  • 五十三次 大磯 女性を乗せ、海沿いの道を進む駕籠(かご)。担ぎ手たちが「ほい、ほい」と掛け声を出して進んだことから「ほい駕籠」とも呼ばれた。

新着コラム