読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

友禅訪問着「菱の葉文様」

和の饗宴 神宮美術館アーカイブス(式年遷宮記念神宮美術館)

森口邦彦 身丈164.0×裄(ゆき)66.5センチ
森口邦彦 身丈164.0×裄(ゆき)66.5センチ

 万華鏡をのぞき込んだような「菱の葉文様」の訪問着は友禅染の人間国宝・森口邦彦が手がけたものだ。

 規則的に見えるが六角形の柄の色、形は一つ一つ違う。肩から胸のあたりは余白を楽しむようにゆったりと配置。帯を締める部分の柄は小さめに、足元に向けて大きく華やかになる。学芸員の中村潔さんは「緻密に計算され、メリハリと動きが感じられます。実際に着用したらさらに見応えがあるでしょう」。

 同じく友禅染の人間国宝だった華弘を父に持つ邦彦は20代のころパリに留学、グラフィックデザインを学んだ。そのままフランスでデザインに従事するつもりが、画家バルテュスのアドバイスもあって帰国。父のもとで蒔糊や糸目糊といった技法を習得した。

 絵画のような具象表現を得意とした華弘に対し、邦彦は一貫して抽象的な幾何学文様に取り組んできた。斬新なデザインは三越のショッピングバッグにも採用されている。

(2022年3月22日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

  • 千手 上部に描かれた白い形は骨か顔か、指で輪を作る仏の手のようにも見える。それをとりまく赤、黄、オレンジは命あるもののよう。岡本太郎(1911~96)が60年代、抽象的なモチーフで呪術的な世界観を描いた作品の一つだ。

新着コラム