読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

一畳台目(いちじょうだいめ)

INAXライブミュージアム 「石井春 時を旅する色・形・窯」

白磁 2022年 約2×2.2㍍

 つややかな白磁タイルを並べた茶室。作者の石井春は、ポルトガルのタイル「アズレージョ」の技法を学ぶ造形作家だ。絵や文様が描かれ、建物を彩る伝統的なアズレージョ。石井は独自の表現でオブジェやタイルを手がけている。

 一畳台目とは、畳2畳よりやや小さい最小の茶室のこと。20㌢角のタイルをL字形につないだ部分は「水の庭」をイメージした。鮮やかな青色の中に現れた、雪の結晶のような模様が特徴だ。「静かな雨の中、穏やかな気持ちで過ごせるように」と石井は話す。


 本作は日本で制作したが、ポルトガルでもほぼ同じ作品を作った。「日本的なものを意識して作ったことはない」というが、「日本人ならではの感性は、拭おうとしても自然と表れる。皆さんの中にもあるもので、もっと誇りを持っていいと思う」。

 

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

美博ノートの新着記事

  • 生田敦盛 穏やかな表情で子を見つめる平敦盛の姿は、今にも消え入りそうだ。

  • 桃太郎/金太郎 歴史画家として知られる守屋多々志は、古今東西の物語や伝説をもとにした作品も多く残した。

  • 帯留「葡萄」 「養殖真珠ならではの統一性という特徴を生かした洗練されたデザイン」

  • 真珠貝玉箱 東南アジアで制作され、貿易により徳川家康が入手したと考えられる小箱

新着コラム