読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

牧野富太郎書簡

西尾市岩瀬文庫「植物への恋文(ラブレター)」

1896(明治29)年3月12日
牧野富太郎から名倉誾一郎宛て(部分) 名倉家蔵

 ぜひ、地元の植物を採集、調査してくださいーー。


 植物分類学の父・牧野富太郎(1862~1957)が手紙でエールを送った相手は、愛知県西尾市で植物研究に打ち込んだ名倉誾一郎(1860~1930)。地元研究団体を率いながら、牧野に植物標本を送って指導を受けた。


 この書簡は交流が始まった時期のものとされる。牧野が豊橋で見つけた珍しい植物の話題に始まり、故郷の土佐で採集を重ねて学んだ自らの経験を述べ、名倉にも地元・三河の植物採集を勧めている。


 採集した植物を送ってくれたら鑑定すると申し出、標本の作製方法やサイズなども細かく記している。「牧野の研究への志、丁寧な性格がうかがえる」と西尾市岩瀬文庫学芸員の上野加耶子さんは話す。


 今展では名倉宛ての書簡15点のほか標本の鑑定結果を記した書面、名倉から牧野宛ての書簡パネルも展示している。

  ※会期は2月12日まで。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム