読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

陶による岩の群

愛知県美術館「コレクションズ・ラリー」

杉浦康益 1991年 高さ144㌢ 愛知県陶磁美術館蔵

 山から削り出したような大きな岩。ゴツゴツとした手触りや重みが感じられるが、実はやきもので、中は空洞だ。鉄などが素材の重量級作品が並ぶ「ハードロック/ヘヴィメタル」のコーナーで紹介されている。


 作者の杉浦康益(1949~)は、石や岩から取った型で陶土を成形する立体のシリーズを展開。同じ型から作った複数の「岩」を自然の中に配置するインスタレーションも発表してきた。本作も通常は愛知県陶磁美術館(2025年まで休館中)の池に常設展示されている。


 展示室に並ぶ五つの「岩」は大きさや形、表面の凸凹まで全く同じ。「自然界には、全く同じものはない。同じ見た目の『岩』がコピーのように並ぶ光景には違和感があり、本作の存在感をより強く受け止めさせる」と、愛知県美術館学芸員の中野悠さんは解説する。

 

 ※会期は4月14日まで。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 五十三次 府中 日暮れて間もない時分、遊郭の入り口で、ちょうちんを持った女性と馬上の遊客が言葉をかわす。馬の尻にはひもでつるされた馬鈴。「りんりん」とリズム良く響かせながらやってきたのだろうか

  • 五十三次 大磯 女性を乗せ、海沿いの道を進む駕籠(かご)。担ぎ手たちが「ほい、ほい」と掛け声を出して進んだことから「ほい駕籠」とも呼ばれた。

  • 三菱十字号 トヨタ博物館「お蔵出し展」

  • トヨタライトバス 「トヨタライトバス」は1963~69年、当時の荒川車体工業(現トヨタ車体)が製造した22人乗りの小型バス。

新着コラム