シネマNEWS

『燃えよドラゴン』ディレクターズ・カット版で上映決定!

香港アクション映画の金字塔がスクリーンに蘇る!!

(C)1973 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHHTS RESERVED.

(C)1973 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHHTS RESERVED.

  • (C)1973 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHHTS RESERVED.
  • (C)1973 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHHTS RESERVED.

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 32歳という輝かしいキャリアの絶頂で突然の死を迎え、映画界に衝撃を与えた伝説のアクションスター、ブルース・リー(1940年11月27日、米サンフランシスコ生まれ)。没後、各国で公開され大ヒットを記録したアクション映画の最高傑作『燃えよドラゴン』を、リー生誕80周年を記念して、リーの誕生日でもある11月27日(金)からディレクターズ・カット版で劇場上映することが決定!

 1971年、『ドラゴン危機一髪』でリー初の主演を務めて以後、『ドラゴン怒りの鉄拳』、『最後のブルース・リー ドラゴンへの道』に続き、1973年にこの『燃えよドラゴン』が公開。当時、空手、柔道、テコンドーなど世界中の武術の魅力を余すところなく魅せ、リー自身によって演出されたアクションシーンは大ブームとなり、世界中でカンフー旋風を巻き起こした。


 本作は、香港裏社会の支配者ハンに妹を殺された少林寺の高弟リー(ブルース・リー)の復讐劇を描くもの。リーの洗練されたアクションもさることながら、「考えるな、感じろ!」などの言わずも知れた名言もちりばめられています。また、今やアクションスターとして活躍する、若き日のサモ・ハン・キンポーやジャッキー・チェンの姿も見られるのも見どころの一つ。

『燃えよドラゴン ディレクターズ・カット』オリジナル予告

◆公開日:2020年11月27日(金)
◆公開劇場:新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン、川崎チネチッタ、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、ミッドランドスクエアシネマ、Tジョイ博多、札幌シネマフロンティア

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

「シネマNEWS」の新着記事 一覧を見る
椿の庭

『椿の庭』予告篇解禁!

サントリー、資生堂、TOYOTAなど数多くの広告写真を手掛ける写真界の巨匠・上田義彦初監督作『椿の庭』の公開日が、4月9日(金)に決定!予告編が解禁された。

花束みたいな恋をした

菅田将暉×有村架純が登壇『花束みたいな恋をした』完成報告イベント実施!

『花束みたいな恋をした』の完成報告イベントが実施され、W主演の菅田将暉、有村架純、そして土井裕泰監督が登壇した。

ファーストラヴ

『ファーストラヴ』新春レッドカーペットイベントに北川景子・中村倫也・芳根京子・窪塚洋介・堤幸彦監督が登場!

「動機はそちらで見つけてください」 アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な導入で始まる島本理生の小説の実写映画化、『ファーストラヴ』の完成を記念して、1月12日(火)都内にて完成報告イベントが行われた。

さんかく窓の外側は夜

岡田将生・志尊淳・平手友梨奈新年の抱負を漢字一文字で発表!

霊が<祓える男>冷川(岡田)と、<視える男>三角(志尊)の二人が、“除霊”という特殊能力を使い、未解決事件に挑む、除霊ミステリーエンターテイメント『さんかく窓の外側は夜』。1月7日(木)にヒット祈願のため、岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、森ガキ侑大監督が、花園神社にてイベントに登壇した。

新着コラム 一覧を見る
「PHO RASCAL(フォー ラスカル)」のチキンのフォー

おんなのイケ麺(めん)

前田有紀さん
「PHO RASCAL(フォー ラスカル)」のチキンのフォー

鎌倉に住み始めた3年前、白を基調にした外観に木目調の家具が並ぶシンプルな内装が素敵なお店を見つけ、以来家族でよく食べに行っています。

「MERCER bis Ebisu」の生キャラメルシフォンケーキ

オトコの別腹

松本利夫さん
「MERCER bis Ebisu」の生キャラメルシフォンケーキ

5年くらい前、友人が会食の時に手土産に持ってきてくれたのがきっかけです。僕がいままで食べたことのあるケーキ類の中で群を抜いてうまかった。本当に衝撃的でした。

三鷹の森ジブリ美術館

ロゴ散歩

三鷹の森ジブリ美術館

トトロではない。ネコバスでもない。「館主」の宮崎駿監督がデザインした三鷹の森ジブリ美術館のロゴマーク。

「カバと四羽の白い鳥」

美博ノート

「カバと四羽の白い鳥」

胴体に比べて顔が大きく、カバにしては脚も長い。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

【開催中止が決定したプレゼント】
「クリスマスローズの世界展」

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


◆お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。