読んでたのしい、当たってうれしい。

シネマNEWS

『悪い子バビー』映画の常識を凌駕する世界的傑作、遂に日本初公開決定!

35年間幽閉されていた男が”刺激”だらけの世界と触れ合っていく

(C)1993 [AFFC/Bubby Productions/Fandango]
(C)1993 [AFFC/Bubby Productions/Fandango]

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 第50回ヴェネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、その強烈で斬新な物語で全世界に衝撃と感動を与えた『BAD BOY BUBBY(原題)』が、タイトルを『悪い子バビー』として10月20日(金)より公開されることが決定した。

 ヴェネチアをはじめ数々の映画祭で評価され、海外メディアも「感動的で静かな格別な物語だ。(Film Written Magazine)」「ワイルドで予測不能、世界的な傑作。(HeyUGuys)」「この妥協ない映画は、観るものの五感を刺激する。(The Gurdian)」と絶賛する『悪い子バビー』。20ヵ国以上で配給もなされた本作だったが、日本では『アブノーマル』というタイトルでVHSが発売されていたのみ。そんな”日本だけが取り残されている状況”に終止符を打つ、待望の初公開が決定!


『悪い子バビー』特報

 社会と隔絶され続け、地獄のような環境下で生まれ育ったバビー。解禁された特報映像では、外気を恐れ、なんとガスマスク装着状態で登場。外に出るや否や車と衝突しかける危機一髪な場面から、街へ出て聖歌隊や子供と笑顔で触れ合う姿や、ライブハウスでパフォーマンスをする様子も収められている。ビジュアルでは、”なんちゃって牧師”の装いでスーツケースとマイクを片手に佇むその凛とした表情も印象的。「奇妙で、無情で、過酷でも、愛に溢れた人生。」というコピーもあるように、バビーが様々な人や音楽と出会う旅の道程や、行く先々での出来事に期待が高まる内容となっている。


 10月20日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

今、あなたにオススメ

シネマNEWSの新着記事

新着コラム