読んでたのしい、当たってうれしい。

シネマNEWS

新世代”リアル”ホラー『TalktoMe』(原題)公開決定!

北米で『ミッドサマー』超えの大ヒット!A24が切望した新進気鋭のYouTuber監督

(C)2022 Talk To Me Holdings Pty Ltd, Adelaide Film Festival, Screen Australia
(C)2022 Talk To Me Holdings Pty Ltd, Adelaide Film Festival, Screen Australia
(C)2022 Talk To Me Holdings Pty Ltd, Adelaide Film Festival, Screen Australia (C)2022 Talk To Me Holdings Pty Ltd, Adelaide Film Festival, Screen Australia

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 2023年のサンダンス映画祭で話題を呼び、新進気鋭の製作・配給スタジオ「A24」が北米配給を勝ち取った注目のホラー映画『Talk to Me』(原題)が世界中で大ヒット、日本では12月22日(金)より公開されることが決定した。

 本作は双子の大人気YouTuberダニー&マイケル・フィリッポウの初監督作品となるホラー映画。2023年のサンダンス映画祭で上映されるや否や大きな話題を呼び、アリ・アスター、ジョーダン・ピール、サム・ライミ、スティーブン・スピルバーグ、スティーブン・キングらが本作を大絶賛。サンダンス上映後、こぞって手を挙げた世界中の配給会社の中から、A24が北米配給権を勝ち取った。北米では7月28日より公開され、初週末に予想興行収入の2倍となる1,002万ドルを稼ぎ出した。これはA24にとっては、『ミッドサマー』対比で150%以上という驚異の大ヒットスタート。批評家の口コミも上々で、ロッテントマトでも批評家95%を記録した。本作のカギとなる「手」と、主人公ミアにまさに霊が「憑依」している不気味な場面写真も解禁された。

 監督は、YouTuberとして活躍するダニー&マイケル・フィリッポウ。二人のチャンネル「Racka Racka」は、ブラックで尖ったコメディや、日本アニメの自家製実写版など超個性的でエッジの効いた動画が高評価を集め、670万人以上のフォロワーを誇る。2015年第6回ストリーミー・アワードで国際YouTubeチャンネル賞受賞、2016年にはバラエティ誌が選んだ期待の新人に選ばれた。

 「A24」といえば、アカデミー作品賞(R)に輝いた『ムーンライト』『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』をはじめ、日本でも社会現象を巻き起こした『ミッドサマー』『ヘレディタリー/継承』など、ヒット作品を数多く世に放ち、映画ファンのみならず、アート、音楽、ファッションなど様々な分野のファンを魅了する映画製作・配給スタジオである。

 12/22(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

 

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

今、あなたにオススメ

シネマNEWSの新着記事

新着コラム