読んでたのしい、当たってうれしい。

シネマNEWS

30年ぶりに劇場公開!『レザボア・ドッグスデジタルリマスター版』

予告編&メインビジュアル解禁!ムビチケも発売中!

(C) 1991 Dog Eat Dog Productions, Inc. All Rights Reserved.
(C) 1991 Dog Eat Dog Productions, Inc. All Rights Reserved.
(C) 1991 Dog Eat Dog Productions, Inc. All Rights Reserved. (C) 1991 Dog Eat Dog Productions, Inc. All Rights Reserved.

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 クエンティン・タランティーノの初監督作にして、全世界の度肝を抜いた鮮烈のバイオレンス作『レザボア・ドッグス デジタルリマスター版』より、予告編とメインビジュアルが解禁!

 解禁となった予告編は、明らかに強盗計画が失敗し警察に追いかけられ、激しい銃撃戦を繰り広げるMr.ピンク(スティーヴ・ブシェミ)から始まる。「ダイヤの問屋を狙う」というジョー(ローレンス・ティアニー)に集められた、素性も名前も知らない6人。そのため彼らは、お互いを色で呼び合うことに。Mr.ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)、Mr.ブロンド(マイケル・マドセン)、Mr.オレンジ(ティム・ロス)、Mr.ピンク、Mr.ブルー(エディ・バンカー)、Mr.ブラウン(クエンティン・タランティーノ)。簡単な宝石強盗のはずだったが…何か様子がおかしい!
 「罠だ 警察が待ち伏せていた」
 白昼堂々警察と激しい銃撃戦を起こし、数名は命からがらアジトに逃げ帰ってきたものの、Mr.オレンジは不幸にも撃たれてしまう。誰かが裏切っているはずだ!徐々に疑心暗鬼に陥っていく男たち。誰が俺をはめたんだ!男たちはぶつかり合い、やがて予想だにしなかった結末へと向かっていく・・・。

『レザボア・ドッグス デジタルリマスター版』予告編

 またメインビジュアルは、本編冒頭の強盗のために集められたお馴染みの6人が並び歩く有名なシーンが印象的な1枚となっている。

 さらに、オリジナルステッカー付きムビチケカードも発売中!
 強盗に行く前のジョーのセリフ「Let’s go to work」を入れ込んだ数量限定ステッカーとなっている。

 ■詳しくは公式サイトへ!


 2024年1月5日(金)新宿ピカデリーほか全国公開!

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

今、あなたにオススメ

シネマNEWSの新着記事

新着コラム