私の描くグッとムービー

早川純子さん(絵本作家、版画家)
「アクト・オブ・キリング」(2012年)

大虐殺 心の暗闇をのぞき見る

 早川純子さん(絵本作家、版画家)「アクト・オブ・キリング」(2012年)

 

 1960年代のインドネシアで、数十万人の共産党関係者らが大虐殺された事件に関連するドキュメンタリーです。加害者だった人間にカメラを向け、当時の状況を演技で再現してもらっています。

 生真面目に役作りをして殺人シーンに臨むなど、思わず苦笑するシーンもありますが、ある意味ホラーよりも怖い映画です。出演者の言動が演技なのか素なのか、疑いながら見ていました。

 楽しそうに殺しを演じる殺人部隊のリーダー、アンワルや、当時の状況を「知らなかった」とうそぶく新聞記者の男。人間の暗部をのぞき見たようで気持ち悪くなりました。引いた視点で見ていたつもりが、途中からアンワルに自分を重ねてしまい、最後まで落ち着かなかった。

 巨大な魚のオブジェの横でアンワルや女性たちが踊るエンドロール。背景の半分は晴れ、もう半分は雨が降っている。立ち位置で晴雨が善にも悪にもなるように、価値観なんて簡単にひっくり返ることの示唆なのかも? 自分や他人の心の暗闇に立ち入るような映画のイメージを、この場面に重ねて版画にしました。

 インドネシアは、ジャワ島の伝統的な影絵芝居「ワヤン」の絵本に携わった縁で何度か訪れ、昨年は半年ほど滞在しました。活力にあふれ、人が魅力的な国。この映画を見て嫌な印象を持ってほしくはないけど、知らないまま通り過ぎる方が怖いことってある。人間についてぐるぐる考えたい人には、ぜひ見てほしい映画です。

聞き手・安達麻里子

 

  監督=ジョシュア・オッペンハイマー
   製作=デンマーク、ノルウェー、英
   出演=アンワル・コンゴほか
はやかわ・じゅんこ
 1970年生まれ。代表作に「まよなかさん」など。絵本「十二支のおもちつき」(すとうあさえ作、童心社)が9月下旬発売予定。

(2016年8月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
上出惠悟さん(九谷焼作家)「パターソン」(2016年)

上出惠悟さん(九谷焼作家)
「パターソン」(2016年)

舞台は米ニュージャージー州の街、パターソン。地名と同じ名前の主人公パターソンは、バスの運転手をしながら、素敵な奥さんや犬と暮らしている。

和田ラヂヲさん(漫画家)「家族ゲーム」(1983年)

和田ラヂヲさん(漫画家)
「家族ゲーム」(1983年)

初めて地元、松山の映画館で見た時、僕は19歳。ギャグのセンスが、当時の自分とすごくリンクしていたんです。

Chocomooさん(絵描き)「最高の人生の見つけ方」(2007年)

Chocomooさん(絵描き)
「最高の人生の見つけ方」(2007年)

初めて渡米してニューヨークに3週間滞在したとき、セントラルパークで何の気なしに描いた絵が売れて、今の仕事につながっていきました。転機となったこの滞在時に映画のDVDを見たんです。

林丈二さん(イラストレーター)「天井桟敷の人々」(1945年)

林丈二さん(イラストレーター)
「天井桟敷の人々」(1945年)

いま19世紀のパリに一番興味があるんです。特に都市整備される前の世紀半ばのパリが面白い。この映画の舞台はまさにその頃のパリで、当時のことを調べている中で出会ったわけです。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

岡田美術館

気になる一品

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。