私の描くグッとムービー

ゆうきまさみさん(漫画家)
「宇宙戦争」(2005年)

米国初の「ゴジラ映画」

 ゆうきまさみさん(漫画家)「宇宙戦争」(2005年)

 

 ある日突然、異星人に操られた3本足の巨大ロボットが地中から現れる。人類は反撃の方法もなく逃げ惑うしかない。

 その様子が、9・11テロの光景に重なったと言う人は多いですね。しかし僕には、中東で米軍の爆撃にさらされる民衆の姿にも見えました。そういう意味では米国に対する「告発」なのかな。いわばこれは負の歴史を暗喩する、米国が初めて作れた「ゴジラ映画」だと思います。

 主人公のレイはいつもの颯爽としたトム・クルーズではなく、女房子どもに逃げられたしがない中年男。子どもたちを離婚した妻のもとに届けようと、なすすべもないまま、ひたすらロボットから逃れます。運良く生き延びただけのレイの目線で、戦争になったら困るのは俺たちなんだぞ、って言っていますよね。

 スピルバーグ監督はこれまでも世界で起こる問題をストレートに表現することはあったけど、この映画では重いテーマを内在させながらエンターテインメントに落とし込んだところがうまいなあ。

 一見単純なパニック映画に見えるけど、随所にあるさりげない演出に感心しますね。カメラが宙を舞うように車の外と中を行き来し、レイ、息子、娘の表情を切れ目なく映すシーンはどう撮影したのか分からない。終盤の決定的場面でも説明的なセリフは使わずかえって印象が強まった。過剰な効果を使わずとも作品を保たせる演出力を持ってる。スピルバーグのそういうところが、僕には性に合っているのかな。

聞き手・井上優子

 

  監督=スティーブン・スピルバーグ
   製作=米
   出演=トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンスほか
代表作に「機動警察パトレイバー」など。月刊!スピリッツで「でぃす×こみ」、週刊ビッグコミックスピリッツで「白暮のクロニクル」を連載中。

(2016年8月26日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
中越典子さん(俳優)「ウーマン・オン・トップ」(2000年)

中越典子さん(俳優)
「ウーマン・オン・トップ」(2000年)

映画のDVDは大きな棚を埋め尽くすくらい持っていて、最近整理をしたら1千本以上はありました。中でもこの映画は、私にとって特別な作品です。

デヴィ・スカルノさん(タレント)「終着駅」(1953年)

デヴィ・スカルノさん(タレント)
「終着駅」(1953年)

たった数時間の愛の物語をビットリオ・デ・シーカ監督が美しく切ない1時間半の映画にしています。夫と娘がいる米国人のメアリー・フォーブスが、姉のいるローマへ旅行し、そこで教師ジョバンニに出会い、夫も娘も忘れてしまうほどの狂おしい恋に落ちます。

藤あや子さん(歌手)「僕のワンダフル・ライフ」(2017年)

藤あや子さん(歌手)
「僕のワンダフル・ライフ」(2017年)

犬のベイリーが何度も生まれ変わり、家族や友人として愛してくれた、かつての飼い主であるイーサンの元へたどりつく、というお話です。

いわいとしおさん(絵本作家・メディアアーティスト)「未知との遭遇」(1977年)

いわいとしおさん(絵本作家・メディアアーティスト)
「未知との遭遇」(1977年)

少年時代、親友と映画館へ見に行った思い出の映画です。同時期にスター・ウォーズも見て、どっちが好きか?論争になり、迷った末に僕はこの映画を選んだ記憶があります。

新着コラム 一覧を見る
(C) 2020 LittleBig Pictures All Rights Reserved.

シネマNEWS

国家を揺るがせた男たちの“正義”を描く社会派ヒューマンサスペンス『偽りの隣人 ある諜報員の告白』公開決定!

韓国歴代興収10位を記録し、日本でも大ヒットした『7番房の奇跡』のイ・ファンギョン監督による待望の最新作「BEST FRIEND」(原題:「이웃사촌」)が邦題『偽りの隣人 ある諜報員の告白』として公開されることが決定した。

(C) 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

シネマNEWS

『ゴジラvsコング』公開日が7月2日(金)に決定!!

公開が延期となっていた『ゴジラvsコング』の日本での公開日が7月2日(金)に決定!!

「青山 川上庵」の鴨南そば

おんなのイケ麺(めん)

山内マリコさん
「青山 川上庵」の鴨南そば

作家としてデビューした後、取材などで写真を撮られる機会が増え、身だしなみも仕事の一部だと思うようになりました。

「なが餅笹井屋」のなが餅

オトコの別腹

やついいちろうさん
「なが餅笹井屋」のなが餅

6~18歳を過ごした地元、三重県四日市市の餅菓子です。親が買ってきてくれて、食べたらこれはうまいなと。

お知らせ(更新情報) 【お詫び・お知らせ】
弊社のシステムメンテナンスの都合で、
6月10日(木)9:50~10:07の間に、
ご応募いただきましたプレゼントが正しく受け付けられていない場合がございます。
誠に申し訳ございません。
お手数ですが、マイページで、応募履歴をご確認の上、改めてご応募いただけますと幸いです。
ご不便をおかけ致しますが、何卒お願い申し上げます。


新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。