私の描くグッとムービー

はたこうしろうさん(絵本作家、イラストレーター)
「小さな恋のメロディ」(1971年)

世界がくっきり見えたあの頃

 11歳の少年ダニエルと少女メロディの初恋の物語です。2人の情熱が友達や大人を巻き込んで大騒動になります。

 この映画の魅力は、全編を通して子どもたちがとても生き生きとしているところです。森の中の墓園を走って登校したり、女の子たちがこっそりロックスターのポスターにキスしたり。学校でおしゃべりする何げないシーンでさえ、表情が自然でみずみずしい。まるでドキュメンタリー映画のようなんです。

 中学の時、男友達と見たんですが、2日後に1人で映画館に行きました。あの透明感あふれる映像をずっと見ていたかったんです。ビンに入れた赤い金魚を眺めながら町を歩くメロディの可愛らしさに、完全に心をつかまれました。バレエを踊るメロディにダニエルが目を奪われるシーンも印象的ですよね。

 一方で、2人の恋を心配してやきもきする親や教師の描き方は短絡的で、悪者扱い。これは、大人の事情が見えていない、その年頃の目線を貫いているからでしょうね。世の中の複雑さが見えない分、彼らの中では世界がくっきり見えているから、「悪いものは悪い」「一緒にいたい。だから結婚する」って、思いと行動が一直線なんです。

 僕はほぼ同年齢だったけど、好きな女の子に話しかけるなんてできなかった。だから、不器用でも真っすぐメロディに向かっていくダニエルに憧れて、応援したくなった。今もすごくいとおしい「僕の物語」です。

聞き手・井上優子

 

  監督=ワリス・フセイン
  製作=英
  出演=マーク・レスター、トレイシー・ハイド、ジャック・ワイルドほか
代表作に絵本「なつのいちにち」。少年と少女の手紙のやりとりを描いた絵本「サウスポー」(金原瑞人翻訳)のイラストも手がける。

(2017年7月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
上出惠悟さん(九谷焼作家)「パターソン」(2016年)

上出惠悟さん(九谷焼作家)
「パターソン」(2016年)

舞台は米ニュージャージー州の街、パターソン。地名と同じ名前の主人公パターソンは、バスの運転手をしながら、素敵な奥さんや犬と暮らしている。

和田ラヂヲさん(漫画家)「家族ゲーム」(1983年)

和田ラヂヲさん(漫画家)
「家族ゲーム」(1983年)

初めて地元、松山の映画館で見た時、僕は19歳。ギャグのセンスが、当時の自分とすごくリンクしていたんです。

Chocomooさん(絵描き)「最高の人生の見つけ方」(2007年)

Chocomooさん(絵描き)
「最高の人生の見つけ方」(2007年)

初めて渡米してニューヨークに3週間滞在したとき、セントラルパークで何の気なしに描いた絵が売れて、今の仕事につながっていきました。転機となったこの滞在時に映画のDVDを見たんです。

林丈二さん(イラストレーター)「天井桟敷の人々」(1945年)

林丈二さん(イラストレーター)
「天井桟敷の人々」(1945年)

いま19世紀のパリに一番興味があるんです。特に都市整備される前の世紀半ばのパリが面白い。この映画の舞台はまさにその頃のパリで、当時のことを調べている中で出会ったわけです。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

岡田美術館

気になる一品

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。