私の描くグッとムービー

はたこうしろうさん(絵本作家、イラストレーター)
「小さな恋のメロディ」(1971年)

世界がくっきり見えたあの頃

 11歳の少年ダニエルと少女メロディの初恋の物語です。2人の情熱が友達や大人を巻き込んで大騒動になります。

 この映画の魅力は、全編を通して子どもたちがとても生き生きとしているところです。森の中の墓園を走って登校したり、女の子たちがこっそりロックスターのポスターにキスしたり。学校でおしゃべりする何げないシーンでさえ、表情が自然でみずみずしい。まるでドキュメンタリー映画のようなんです。

 中学の時、男友達と見たんですが、2日後に1人で映画館に行きました。あの透明感あふれる映像をずっと見ていたかったんです。ビンに入れた赤い金魚を眺めながら町を歩くメロディの可愛らしさに、完全に心をつかまれました。バレエを踊るメロディにダニエルが目を奪われるシーンも印象的ですよね。

 一方で、2人の恋を心配してやきもきする親や教師の描き方は短絡的で、悪者扱い。これは、大人の事情が見えていない、その年頃の目線を貫いているからでしょうね。世の中の複雑さが見えない分、彼らの中では世界がくっきり見えているから、「悪いものは悪い」「一緒にいたい。だから結婚する」って、思いと行動が一直線なんです。

 僕はほぼ同年齢だったけど、好きな女の子に話しかけるなんてできなかった。だから、不器用でも真っすぐメロディに向かっていくダニエルに憧れて、応援したくなった。今もすごくいとおしい「僕の物語」です。

聞き手・井上優子

 

  監督=ワリス・フセイン
  製作=英
  出演=マーク・レスター、トレイシー・ハイド、ジャック・ワイルドほか
代表作に絵本「なつのいちにち」。少年と少女の手紙のやりとりを描いた絵本「サウスポー」(金原瑞人翻訳)のイラストも手がける。

(2017年7月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る

佐藤穂波さん(イラストレーター)
「ヘアスプレー」(2007年)

高校生の頃、有志でダンスを披露する文化祭の企画がありました。この映画に出てくる曲で踊ることになり、みんなで映画を見たのが最初です。

よしながこうたく さん(絵本作家) 「タイタンの戦い」(1981年) 

よしながこうたく さん(絵本作家)
「タイタンの戦い」(1981年) 

ギリシャ神話の最高神ゼウスと人間の姫ダナエの間に生まれた半神半人のペルセウスが主人公の冒険物語。

柳幸典さん(現代美術家)「冒険者たち」(1967年)

柳幸典さん(現代美術家)
「冒険者たち」(1967年)

「命を賭けて挑戦しなければ何物をも得ない」。少年の頃に見て、そんな感慨を持った映画です。

谷口智則さん(絵本作家)「ブリキの太鼓」(1979年)

谷口智則さん(絵本作家)
「ブリキの太鼓」(1979年)

原作は、ドイツの作家ギュンター・グラスの代表作。ダンチヒ(現ポーランド・グダニスク)を舞台に、自ら3歳で成長を止めてしまった主人公オスカルの目線を通し、ナチス台頭から敗戦の混乱期にひずむ社会や人間模様、生と死、愛などが生々しく描かれています。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月21日 注目グッズ
「撮れる傘 instabrella」など

旅先やアウトドアで自撮り棒があると便利だけど、梅雨の時期は傘も持ち歩きたいし、荷物が増えちゃう……。

「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

おんなのイケ麺(めん)

東直子さん
「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

森鴎外記念館(東京都文京区)に何度かイベントに伺っていて、昔ながらのお店と新しいお店が両方あるこの町の雰囲気が楽しくて、去年の4月、仕事場を移しました。

「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

オトコの別腹

寺田真二郎さん
「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

これは都内の表参道にある新潟のアンテナショップで見つけました。もともと、道の駅や物産展、アンテナショップへ行くことが趣味なんです。

浄瑠璃人形「お里」

美博ノート

浄瑠璃人形「お里」

中部地方などの祭礼や人形浄瑠璃で使うからくり人形の制作、修復を行う木偶師・二代目萬屋仁兵衛。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。