私の描くグッとムービー

はたこうしろうさん(絵本作家、イラストレーター)
「小さな恋のメロディ」(1971年)

世界がくっきり見えたあの頃

 11歳の少年ダニエルと少女メロディの初恋の物語です。2人の情熱が友達や大人を巻き込んで大騒動になります。

 この映画の魅力は、全編を通して子どもたちがとても生き生きとしているところです。森の中の墓園を走って登校したり、女の子たちがこっそりロックスターのポスターにキスしたり。学校でおしゃべりする何げないシーンでさえ、表情が自然でみずみずしい。まるでドキュメンタリー映画のようなんです。

 中学の時、男友達と見たんですが、2日後に1人で映画館に行きました。あの透明感あふれる映像をずっと見ていたかったんです。ビンに入れた赤い金魚を眺めながら町を歩くメロディの可愛らしさに、完全に心をつかまれました。バレエを踊るメロディにダニエルが目を奪われるシーンも印象的ですよね。

 一方で、2人の恋を心配してやきもきする親や教師の描き方は短絡的で、悪者扱い。これは、大人の事情が見えていない、その年頃の目線を貫いているからでしょうね。世の中の複雑さが見えない分、彼らの中では世界がくっきり見えているから、「悪いものは悪い」「一緒にいたい。だから結婚する」って、思いと行動が一直線なんです。

 僕はほぼ同年齢だったけど、好きな女の子に話しかけるなんてできなかった。だから、不器用でも真っすぐメロディに向かっていくダニエルに憧れて、応援したくなった。今もすごくいとおしい「僕の物語」です。

聞き手・井上優子

 

  監督=ワリス・フセイン
  製作=英
  出演=マーク・レスター、トレイシー・ハイド、ジャック・ワイルドほか
代表作に絵本「なつのいちにち」。少年と少女の手紙のやりとりを描いた絵本「サウスポー」(金原瑞人翻訳)のイラストも手がける。

(2017年7月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
榎本マリコさん(イラストレーター、画家)「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年)

榎本マリコさん(イラストレーター、画家)
「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年)

 スウェーデン郊外の閉鎖的な町で、いじめを受けている12歳の少年オスカーが主人公。夜にひとりで復讐する妄想をして、憂さ晴らしをしています。

くさか里樹さん(漫画家)「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」(2010年)

くさか里樹さん(漫画家)
「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」(2010年)

映画って、カット割りや台詞(せりふ)が漫画に似てるんです。ジャンルを問わず1日1本見ています。

小迎裕美子さん(イラストレーター)「トッド・ソロンズの子犬物語」(2015年) 

小迎裕美子さん(イラストレーター)
「トッド・ソロンズの子犬物語」(2015年)

月刊誌に連載中の映画コラムで挿絵を担当しているので、今までに多くの作品を見てきました。

長野ヒデ子さん(絵本作家)「キッド」(1921年)

長野ヒデ子さん(絵本作家)
「キッド」(1921年)

女優志望の若い女性が捨てた赤ん坊を、チャプリン扮する放浪者が拾って育てることになるの。小さな部屋での生活の場面が面白くて。

新着コラム 一覧を見る
「子供遊水合戦」

美博ノート

「子供遊水合戦」

本展は、展示機会の少ない民具などを披露するシリーズ展の初回で、「消防」がテーマ。

刀剣博物館

気になる一品

刀剣博物館

国宝を含む多数の刀剣類を所蔵、公開する刀剣博物館。ショップでひときわ存在感を放つのが、「日刀保たたら 玉鋼」(50グラム前後、1500円)だ。

素朴派 ハーモ美術館

私のイチオシコレクション

素朴派 ハーモ美術館

素朴派とは、美術教育を受けていない画家たちの総称です。

蛇の樹 ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

アートリップ

蛇の樹
ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

多摩センター駅から遊園地へ向かうれんが道を歩いていくと、原色の色鮮やかなモニュメントに出くわした。口を開け、四方八方を向く多頭の蛇。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。