私の描くグッとムービー

村上豊さん(画家)
「用心棒」(1961年)

女たちの踊り 強烈な印象

 二つの博徒の勢力が抗争を繰り返し、荒れ果てた北関東の宿場町。そこへ現れた浪人が、この悪者同士を闘わせて――。三船敏郎演じる浪人は、道に投げた木の枝の向きで行き先を決めるいい加減な男。名前を聞かれると、広がる桑畑を見て「桑畑三十郎」「そろそろ四十郎だがな」と言う。なんともいえないユーモアだね。黒澤監督は、作るのが面白くてしょうがないんだな、と感じます。

 娯楽作品ですが、暮らしの切実さも見える。飯屋のじいさん、棺おけ屋、人物それぞれに味わいがある。三船自身の粗野なところも生きています。公開時に見てからもう何回見たかな。とくに好きなのが、三十郎が用心棒として売り込んでいた組で歓待される場面。交渉事の最後に突然、大柄な遊女が出てきてチャンチャカ踊る。田舎っぽくてね。強烈で印象的です。あまり重要でない場面をわざわざ持ってきて、異質な空気をポンと差し込む。黒澤監督のにくいところです。

 絵描きのせいか、映画は人物がいる「風景」なんです。ストーリーや役者よりも、作品世界に興味が行く。挿絵の仕事では、まず作家が何を言いたいのかを考えます。でも、文章と同じものを描いて、説明する必要はないんです。雰囲気が分かればいい。見えない部分に何があるか、僕なりに表現してきました。映画にはありませんが、遊女の踊りを見た三十郎は「げー」っとなって、ひっくりかえるんじゃないかな。これはそんな想像です。

聞き手・小寺美保子

 

  監督・共同脚本=黒澤明
  出演=三船敏郎、仲代達矢、東野英治郎、山田五十鈴ほか
むらかみ・ゆたか 
 向田邦子、五木寛之ら多くの文筆家の挿絵や装丁を手掛ける。来秋、東京・銀座の和光ホールで個展を予定。

(2017年11月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
桑久保徹さん(画家)「夜になる前に」(2000年)

桑久保徹さん(画家)
「夜になる前に」(2000年)

カストロ政権下のキューバで、作家で同性愛者の主人公レイナルドが、政府から弾圧や迫害を受けながらも強く生きた物語。実在の人物で、自伝がもとになっています。

わたせせいぞうさん(イラストレーター)「男と女」(1966年)

わたせせいぞうさん(イラストレーター)
「男と女」(1966年)

エレキギターをやっていた大学3年の頃。おしゃれな音楽に渇望していた僕に、先輩がこの映画を勧めてくれたんです。

岡村桂三郎さん(画家) 「三大怪獣 地球最大の決戦」(1964年)

岡村桂三郎さん(画家)
「三大怪獣 地球最大の決戦」(1964年)

小学1年か2年の頃、友達と近所の映画館で見ました。おそらく初めての映画体験です。幕が開いたら、突然大画面にゴジラの足がバーンと出てきた。何よりその巨大さに度肝を抜かれました。

丸山清人さん(銭湯絵師)「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」(1977年)

丸山清人さん(銭湯絵師)
「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」(1977年)

山田洋次監督の作品が好きなんだよ。ほとんど見ているね。人の絆が描かれていて、生きる元気がもらえる。

新着コラム 一覧を見る
観光客をほっこり温める「癒やし系」

ご当地キャラ大集合

観光客をほっこり温める「癒やし系」

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第5回は神奈川県箱根町・強羅の「ごうらん」です。

「花を摘む男女」

美博ノート

「花を摘む男女」

戦前~1980年代、愛知県瀬戸市は欧米輸出用の陶磁の置物や装飾品「ノベルティ」の一大産地で、最盛期には300社以上の工房が腕を競った。本展は戦後以降に作られた約250点で、その魅力を紹介する。

横浜市歴史博物館

気になる一品

横浜市歴史博物館

原始から現代の暮らしを紹介する横浜市歴史博物館。ショップでは、脱力系のキュートさが漂う「手づくり 顔面把手(とって)」を販売する。

The Secret Pond(秘密の池) ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

アートリップ

The Secret Pond(秘密の池) 
ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

長崎・五島列島の福江島。空港から島随一の絶景地・大瀬崎灯台へと、玉之浦湾の入り江を見下ろす山あいの道を車で向かう。ふいに木々が途切れた場所で眼下を見やると、不思議な風景が目に飛び込んできた。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。