私の描くグッとムービー

森田拳次さん(漫画家)
「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」(1975年)

大切なのは 家族と笑い

 主役の寅さんってのは風来坊のテキ屋で、全国を旅しては女性に出会って恋をしたり、世話を焼いたりする。そんな寅さんにとってのマドンナの中でも、浅丘ルリ子演じるリリーは、シリーズに4本も登場するんですよ。

 この映画はそのリリーの登場2回目。初めに寅さんは青森でサラリーマンの悲哀を絵に描いたような男と出会う。それから函館の屋台でリリーと偶然再会します。歌手として日本中を回る、さながら女版・寅さんのようなリリーの「動ける」キャラクター設定が生きている。さらには、小樽でリリーと寅さんはケンカ別れをするんだけど、リリーが色っぽさと同時に、寅さんと張り合えるほどの強さを持っているから、売り言葉に買い言葉でケンカが成り立つんですよね。あとね、寅さんが柴又で子どもたちとチャンバラごっこしているシーンがあるけど、寅さんが体を伸ばして動き出すとそれだけでギャグになるんです。この絵もそんな「動ける」2人を描きました。

 1970年前後、僕はニューヨークで一コマ漫画を描いては現地の雑誌に投稿して、それを当時面識もなかった山田洋次監督に送ってたんです。監督の描くユーモアに一方的に共感してね。僕が漫画で笑いを表現したいと思った根底には、監督と同じように旧満州で終戦を迎え、命からがら日本に帰ってきた記憶がある。やっぱりどんな時でも大切なのは、この映画にあるような家族と笑いだよね。

聞き手・井上優子

 

  監督・原作・共同脚本=山田洋次
  出演=渥美清、倍賞千恵子、浅丘ルリ子、船越英二、下條正巳、三崎千恵子、前田吟ほか
もりた・けんじ
 代表作に「丸出だめ夫」。4月27日まで、東京・新宿の日本漫画協会ギャラリーで開催する「鮎沢まこと氏を偲ぶ回顧展」に出品。

(2018年4月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
たなかみさきさん(イラストレーター)「百円の恋」(2014年)

たなかみさきさん(イラストレーター)
「百円の恋」(2014年)

安藤サクラさんが好きで、出演映画は大体見ています。この映画を見たのも、安藤サクラさんがきっかけでした。

杉戸洋さん(美術家)「描かれた人生」(1936年)

杉戸洋さん(美術家)
「描かれた人生」(1936年)

美術をやる人間として、画家を取り上げた美術映画はやっぱり気になるので見ちゃいます。変に美化したり複雑化したりする映画が多い中、この映画はシンプルに神髄を見せてくれるのがいい。

おーなり由子さん(絵本作家・漫画家)「初恋のきた道」(2000年)

おーなり由子さん(絵本作家・漫画家)
「初恋のきた道」(2000年)

父チャンユーの急死で帰郷した息子ユーシェンが、村の語り草となっている父と母ディの恋を回想していくシーンがきれいで、愛(いと)しい気持ちになる物語です。

ヤマシタトモコさん(漫画家)「ベイビー・ドライバー」(2017年)

ヤマシタトモコさん(漫画家)
「ベイビー・ドライバー」(2017年)

持病の耳鳴りを消すためイヤホンで音楽を聴く青年ベイビーが、強盗の逃がし屋ドライバーとして活躍するクライムアクション。

新着コラム 一覧を見る
達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

画家のパレット 笠間日動美術館

私のイチオシコレクション

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

17世紀オランダの画家を紹介する「フェルメール展」。ショップでは、ガラス瓶をキャンバスに「大人の塗り絵」が楽しめる「コロリアージュボトル」が人気。

ブームの卵

ブームの卵

10月12日 注目グッズ
「CHOCONT sheet」など

秋の行楽シーズンが到来。ハイキングや山登りなどでちょっとひと休みしたいときってあるよね。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。