私の描くグッとムービー

桑久保徹さん(画家)
「夜になる前に」(2000年)

明るく湿ったキューバの空気

 カストロ政権下のキューバで、作家で同性愛者の主人公レイナルドが、政府から弾圧や迫害を受けながらも強く生きた物語。実在の人物で、自伝がもとになっています。

 僕は、アトリエでじっと絵を描いているときに違う国や時代のことを想像して、豊かになる気がする。同じように、この映画を見ると、キューバに行ったことはないのに、映像や話の流れ、役者の動きなんかで、行った気になる。映画に出てくるホモセクシュアルの男たちは、ストレートの僕でも、美しいと思う。そういった感覚って言葉で説明しても分からない。この映画でしか知り得ない世界を知ることができたんです。

 レイナルドは、大学に通いながら作家を目指し、同性愛に目覚めていく。1作目は社会で評価されたが、次第に政府の弾圧を受けて、反逆者と見なされてしまいます。ナイーブに見えて強い。警察に捕まってもあっさり脱獄し、さらに逃げようとタイヤを浮輪にして海を渡る。大胆で「絶対生き残る」っていう生命力がある。エネルギーの強い人が、何かを成し遂げるんだなって思います。

 絵に描いたのは、青空の下でレイナルドがタイプライターを打つところ。好きな場所で好きなことをやるって、表現者にとって夢みたいだな。カラッと明るい中に、どこか湿り気もあるキューバの空気感を出したくて、発色がいい水彩で。普段は油彩を描いていて、実は水彩って20年ぶりでした。

聞き手・笹木菜々子

 

  監督=ジュリアン・シュナーベル
  製作=米
  出演=ハビエル・バルデム、オリヴィエ・マルティネス、ジョニー・デップほか
くわくぼ・とおる 
 1978年、神奈川県座間市生まれ。10月8日まで、渋谷ヒカリエ8階の8/ART GALLERY/Tomio Koyama Galleryで個展を開催中。

(2018年9月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

菊池武夫さん(ファッションデザイナー) 「ゲッタウェイ」(1972年)

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。

死後くん(イラストレーター) 「薄氷の殺人」(2014年)

死後くん(イラストレーター)
「薄氷の殺人」(2014年)

映画は、高校生の頃から意識してよく見るようになりました。一時期、映画監督を目指していたこともあり、いろんなジャンルを見ていました。

田中達也さん(ミニチュア写真家) 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

田中達也さん(ミニチュア写真家)
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

実はバンクシーにはあまり興味ないんですよ。正直好きな映画じゃない(笑)。でも現代アートについて、言いたいことが詰まってるんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。