私の描くグッとムービー

ヨシタケシンスケさん(絵本作家)
「ウォーリー」(2008年)

太って生き抜く人類の幸せって

 一言で言うと、壮大なブラックユーモアの塊みたいな映画に見えたんですよ。

 荒廃した未来の地球で、ひとりぼっちでゴミを片付けるロボットのウォーリー。背景に700年前、人類がゴミでいっぱいになった地球を捨てて巨大な宇宙船で脱出したことがさらっと描かれている。ある日宇宙から地球の植物が再生しているかを調査しにイヴというロボットがやって来て、ウォーリーは恋心を抱く。少年と少女が出会って恋に落ちる、典型的なストーリーのロボット版です。

 だけど僕は、描かれていない部分が気になってしまう。当時宇宙船に乗れなかった人たちは地球に残されてどうなったのか。お金持ちだけが助かったんだろうなって。ウォーリーがイヴを追って乗り込んだ宇宙船内で生き延びていた人類についても深読みしてしまう。移動も食事も機械に支配されたサービスを受けて楽しそうだけど、ぶくぶく太って転んだら自分の力で起き上がることもできない。この人たちの幸せってなんなんだろう、と。イラストは「ウォーリー」を映画館で見ている現代の人々を。今の社会も似たようなものかもしれませんよね。

 可愛らしいロボットと、人類へのグロテスクな風刺で、子どもも大人も満足させるプロ意識にほれぼれする。善意か悪意か分からないラストには混乱もするけど、人間だっていい人か悪い人か分からない方が魅力的じゃないですか。僕の絵本もそう受け取ってもらえると一番うれしいんです。

聞き手・井上優子

 

  監督・共同脚本=アンドリュー・スタントン
  製作=米
  声の出演=ベン・バート、エリッサ・ナイトほか
 ヨシタケさんを特集する絵本雑誌「MOE」12月号、新作絵本「それしか ないわけ ないでしょう」が発売中(いずれも白泉社)。

 


ヨシタケシンスケさんの直筆イラスト入り色紙プレゼント!

 

ヨシタケシンスケさんの直筆イラスト入り色紙

 ヨシタケシンスケさんが「私の描くグッとムービー」で語った映画「ウォーリー」をモチーフにイラストを描いた色紙を3人にプレゼント。
 応募は下の応募ボタンを押した後、クイズの正解を選んでください。ヒントは、朝日マリオン・コムのコラム「私の描くグッとムービー」の紹介記事中にあります。

 

終了しました

たくさんのご応募ありがとうございました。

(2018年11月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
「幻の光」(1995年)

さわひらきさん(美術家)
「幻の光」(1995年)

1996年に渡英して3、4年経った頃、ホームシック的なものになりまして。そんな時にロンドンの映画館で日本映画が上映されていると知り、何の前情報も無しに見に行きました。

名久井直子(ブックデザイナー) 「ムーンライズ・キングダム」(2012年)

名久井直子(ブックデザイナー)
「ムーンライズ・キングダム」(2012年)

アンダーソン監督作品が大好きです。童話風の世界観にシニカルな演出やほろ苦さがあって。この映画も公開前から心待ちにしていました。

なばたとしたかさん(イラストレーター)  「ゴーストバスターズ」(1984年)  想像力をかき立てる異世界の物語

なばたとしたかさん(イラストレーター)
「ゴーストバスターズ」(1984年)

小学2年生の時に家族で映画館へ行って初めて見た映画。超常現象の研究をする3人の博士が大学を追い出されて「お化け退治人(ゴーストバスターズ)」の商売を始めるという喜劇です。

相原コージさん(漫画家)「イレイザーヘッド」(1977年)

相原コージさん(漫画家)
「イレイザーヘッド」(1977年)

最後まで訳の分からない悪夢みたいな話です。主人公の男と彼女の間に子どもができるんだけど、その赤ちゃんは首から下を包帯で巻かれた、顔も体も異形の姿。

新着コラム 一覧を見る
『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』

シネマNEWS

きゃりーぱみゅぱみゅ『映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』

1990年より「漫画アクション」で連載が開始され、その後1992年にアニメが放送されて以来、長い間愛され続けている国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」。大人気シリーズ28作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』。

「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」

シネマNEWS

「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」開催!

没後47年たった今も、世界中で愛され、崇められ、様々なジャンルに影響を与え続ける映画史上最高のアクション・スターにして伝説の武道家ブルース・リー。2020年は彼の生誕80周年となる記念すべき年である。

ブームの卵

ブームの卵

2月21日 注目グッズ
「Balance Pets(ばらんすぺっと)」など

最初は運動する気満々で買ったバランスボール。でも、いつの間にか部屋の隅っこで忘れ去られている、なんてことあるよね。

『Fukushima50』

シネマNEWS

『Fukushima50』池上彰トークイベント実施!

神楽座にて2月19日(水)ジャーナリスト・池上彰を迎えたトークイベントを開催した。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。