私の描くグッとムービー

ヨシタケシンスケさん(絵本作家)
「ウォーリー」(2008年)

太って生き抜く人類の幸せって

 一言で言うと、壮大なブラックユーモアの塊みたいな映画に見えたんですよ。

 荒廃した未来の地球で、ひとりぼっちでゴミを片付けるロボットのウォーリー。背景に700年前、人類がゴミでいっぱいになった地球を捨てて巨大な宇宙船で脱出したことがさらっと描かれている。ある日宇宙から地球の植物が再生しているかを調査しにイヴというロボットがやって来て、ウォーリーは恋心を抱く。少年と少女が出会って恋に落ちる、典型的なストーリーのロボット版です。

 だけど僕は、描かれていない部分が気になってしまう。当時宇宙船に乗れなかった人たちは地球に残されてどうなったのか。お金持ちだけが助かったんだろうなって。ウォーリーがイヴを追って乗り込んだ宇宙船内で生き延びていた人類についても深読みしてしまう。移動も食事も機械に支配されたサービスを受けて楽しそうだけど、ぶくぶく太って転んだら自分の力で起き上がることもできない。この人たちの幸せってなんなんだろう、と。イラストは「ウォーリー」を映画館で見ている現代の人々を。今の社会も似たようなものかもしれませんよね。

 可愛らしいロボットと、人類へのグロテスクな風刺で、子どもも大人も満足させるプロ意識にほれぼれする。善意か悪意か分からないラストには混乱もするけど、人間だっていい人か悪い人か分からない方が魅力的じゃないですか。僕の絵本もそう受け取ってもらえると一番うれしいんです。

聞き手・井上優子

 

  監督・共同脚本=アンドリュー・スタントン
  製作=米
  声の出演=ベン・バート、エリッサ・ナイトほか
 ヨシタケさんを特集する絵本雑誌「MOE」12月号、新作絵本「それしか ないわけ ないでしょう」が発売中(いずれも白泉社)。

 


ヨシタケシンスケさんの直筆イラスト入り色紙プレゼント!

 

ヨシタケシンスケさんの直筆イラスト入り色紙

 ヨシタケシンスケさんが「私の描くグッとムービー」で語った映画「ウォーリー」をモチーフにイラストを描いた色紙を3人にプレゼント。
 応募は下の応募ボタンを押した後、クイズの正解を選んでください。ヒントは、朝日マリオン・コムのコラム「私の描くグッとムービー」の紹介記事中にあります。

 

終了しました

たくさんのご応募ありがとうございました。

(2018年11月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
林丈二さん(イラストレーター)「天井桟敷の人々」(1945年)

林丈二さん(イラストレーター)
「天井桟敷の人々」(1945年)

いま19世紀のパリに一番興味があるんです。特に都市整備される前の世紀半ばのパリが面白い。この映画の舞台はまさにその頃のパリで、当時のことを調べている中で出会ったわけです。

上路ナオ子さん(イラストレーター)「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」(2013年)

上路ナオ子さん(イラストレーター)
「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」(2013年)

1軒のパブで1パイント(約500ミリリットル)のビールを飲み12軒をはしごする。イギリス郊外の街で、5人の男たちが高校生活最後の日にそれを「ゴールデン・マイル」と名付けて挑む。

松林誠さん(版画家)「BLUE」(1993年)

松林誠さん(版画家)
「BLUE」(1993年)

この映画は、映画鑑賞というより映像体験です。エイズで死去した映画作家のデレク・ジャーマンの遺作で、画面は最初から最後まで青一色。

網代幸介さん(絵本作家・画家)「奇人たちの晩餐会」(1998年)

網代幸介さん(絵本作家・画家)
「奇人たちの晩餐会」(1998年)

ほとんどが家の中での会話劇で、まるで舞台を見ているようなコメディー映画です。仏映画ならではの上品な雰囲気にブラックユーモアが効いています。

新着コラム 一覧を見る
IBARAKI sense(イバラキセンス)

アンテナショップ@東京

IBARAKI sense(イバラキセンス)

JR有楽町駅近くの首都高速道路高架下にある茨城県のアンテナショップが、2018年10月25日にリニューアルオープンした。

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

美博ノート

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

神社と動物の関わりは深い。それぞれの由緒にちなんで、サルやキツネをモチーフにした陶製の像も岐阜県東濃地方で奉納された。

九州国立博物館

気になる一品

九州国立博物館

野帳(やちょう)は、考古学者が発掘現場で使うフィールドノート。 九州国立博物館では「オリジナル野帳」を販売中。

和ガラス 瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

私のイチオシコレクション

和ガラス 
瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸前期、南蛮船が持ち込んだガラスに魅了された日本の職人が、中国伝来の鉛ガラス素地を用いて日本独自のガラス製品を生み出していきました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。