私の描くグッとムービー

上路ナオ子さん(イラストレーター)
「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」(2013年)

中年に元気をくれる友情映画

 1軒のパブで1パイント(約500ミリリットル)のビールを飲み12軒をはしごする。イギリス郊外の街で、5人の男たちが高校生活最後の日にそれを「ゴールデン・マイル」と名付けて挑む。でも酔い潰れたり、大麻でハイになったりする仲間が出て挫折。再挑戦するため、中年になって街に戻ってきます。思い出を振り返りながらパブ巡りをしますが、次第に街の様子がおかしいことに気がつきます。やがて街の人が宇宙人に操られていることが判明。人間を支配しようとする宇宙人と戦いながら最後のパブ「ワールズ・エンド」を目指すSFコメディーです。コメディーですが、ヒューマニティーにあふれた友情映画とも思います。

 主人公のゲイリーは本当に最低なやつ。平気でうそをつくし、友達を振り回すし、アルコール中毒。でも彼の友達は最後までゲイリーを見捨てないんです。宇宙人に追われても最後まで彼について行きます。人間って不完全な存在だけど、みんなどこかでがんばっている。それをふまえて損得なしで付き合っているところに人間らしさを感じるんです。

 登場人物が中年の設定なのも、私にはすごく共感できます。ラストのセリフのやりとりは、まるで人生のよう。うまくいっているように見える人でも、全部自分の思い通りに進んでいないんですよね。人生の後半にいる人間が「他に何もない!」と言って突き進むところが、しみじみと、しみるんです。中年に元気をくれます。

聞き手・渋谷唯子

 

  監督・共同脚本=エドガー・ライト
  製作=英
  出演=サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、デビッド・ブラッドリーほか
うえじ・なおこ
 1966年生まれ。エッセー「九十歳。なにがめでたい」(小学館)の装画や、童話「くろねこのどん」(理論社)の絵などを手がける。

(2019年1月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

菊池武夫さん(ファッションデザイナー) 「ゲッタウェイ」(1972年)

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。

死後くん(イラストレーター) 「薄氷の殺人」(2014年)

死後くん(イラストレーター)
「薄氷の殺人」(2014年)

映画は、高校生の頃から意識してよく見るようになりました。一時期、映画監督を目指していたこともあり、いろんなジャンルを見ていました。

田中達也さん(ミニチュア写真家) 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

田中達也さん(ミニチュア写真家)
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

実はバンクシーにはあまり興味ないんですよ。正直好きな映画じゃない(笑)。でも現代アートについて、言いたいことが詰まってるんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。