私の描くグッとムービー

上出惠悟さん(九谷焼作家)
「パターソン」(2016年)

生活の中で詩作するバス運転手

 舞台は米ニュージャージー州の街、パターソン。地名と同じ名前の主人公パターソンは、バスの運転手をしながら、素敵な奥さんや犬と暮らしている。毎朝ほぼ同じ時間に起きて仕事に行き、家に帰って奥さんと話し、夜は犬の散歩がてら行きつけのバーに寄る。そんな毎日の繰り返しの中で彼は詩を書いています。

 パターソンは奥さんから「詩を世に出すべきだ」と言われる。でも本人は「詩人として活躍したい」という気持ちよりも、あくまで「バスの運転手」として仕事に誇りを持ちながら、生活の中で生まれてくる言葉や思いを詩にすることの方が大事みたい。

 僕は窯元の家に生まれて、家業を継ぐと決めたけど、周りから等身大の自分より大きく捉えられたり、自分でも欲が出て背伸びしてしまったり……。着物を何枚も着込んでしまったようで、最近は少し重いなと感じることがあったから、パターソンが日々の営みの中で純粋に芸術を紡ぐ姿にグッときたのかも。

 パターソンのように毎日働いて、自然に営みを続ける人々の姿は美しく尊い。自分も美しい風景の一部でありたいと思う。犬と散歩したり、妻と過ごしたり、そんな時間を大事にしながら「茶わん屋」として何かを残していけたらいいな。

 映画の中で印象的なのが、彼の詩の題材になった青いマッチ。僕の絵でもマッチを並べて映画に出てくる重要なシーンを表現してみました。皆さん、これは何に見えますか?

聞き手・笹木菜々子

 

  監督・脚本=ジム・ジャームッシュ
  製作=仏・独・米
  出演=アダム・ドライバー、ゴルシフテ・ファラハニ、永瀬正敏ほか
かみで・けいご
 1981年生まれ。九谷焼窯元・上出長右衛門窯の6代目にあたる。5月2日~5日、石川県能美市の窯元の駐車場で「窯まつり」を開催。

(2019年2月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
和田ラヂヲさん(漫画家)「家族ゲーム」(1983年)

和田ラヂヲさん(漫画家)
「家族ゲーム」(1983年)

初めて地元、松山の映画館で見た時、僕は19歳。ギャグのセンスが、当時の自分とすごくリンクしていたんです。

Chocomooさん(絵描き)「最高の人生の見つけ方」(2007年)

Chocomooさん(絵描き)
「最高の人生の見つけ方」(2007年)

初めて渡米してニューヨークに3週間滞在したとき、セントラルパークで何の気なしに描いた絵が売れて、今の仕事につながっていきました。転機となったこの滞在時に映画のDVDを見たんです。

林丈二さん(イラストレーター)「天井桟敷の人々」(1945年)

林丈二さん(イラストレーター)
「天井桟敷の人々」(1945年)

いま19世紀のパリに一番興味があるんです。特に都市整備される前の世紀半ばのパリが面白い。この映画の舞台はまさにその頃のパリで、当時のことを調べている中で出会ったわけです。

上路ナオ子さん(イラストレーター)「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」(2013年)

上路ナオ子さん(イラストレーター)
「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」(2013年)

1軒のパブで1パイント(約500ミリリットル)のビールを飲み12軒をはしごする。イギリス郊外の街で、5人の男たちが高校生活最後の日にそれを「ゴールデン・マイル」と名付けて挑む。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

岡田美術館

気になる一品

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。