私の描くグッとムービー

長野ヒデ子さん(絵本作家)
「キッド」(1921年)

絵本をめくるような面白さ

 女優志望の若い女性が捨てた赤ん坊を、チャプリン扮する放浪者が拾って育てることになるの。小さな部屋での生活の場面が面白くて。ひもでつるしたやかんからミルクを飲むところとか、シーツをかぶって洋服になるところとか、絵本をめくるような面白さが随所にあります。絵本はやさしい言葉で書いている子どもから大人までのもの。この映画も無声映画で字幕の言葉が少ないし、小さな子どもでもわかる表情と動きで、伝わってくるものが大きいと思った。

 そして5年後。5歳になった男の子との生活は貧しく、生活費稼ぎのための共同しての悪い仕事もユーモアがあり、血はつながっていないけど、本当の親子みたいになっている。昨年、カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した「万引き家族」のように、深い愛情で結ばれている。血がつながっていない分、普遍的な愛情を感じて「みんなと手をつないで生きなきゃだめなんだ」という大きなメッセージが伝わってくる気がします。

 絵は70年以上前、祖父と一緒に芝居小屋で初めてこの映画を見たところ。「いつも怖いおじいちゃんも笑うんだ」と驚いたの。チャプリンのファッションもすごくおしゃれ。ひげも一緒に動くから、いろんな表情が表せるのよね。音楽も素晴らしくて、音楽、せりふ、ファッションすべてが総合の芸術として、この映画を作ったんだなあと思った。モノクロの映画だけど色が見えてくる感じね。

聞き手・清水真穂実

 

  監督・脚本・出演=チャールズ・チャプリン
  製作=米
  出演=ジャッキー・クーガン、エドナ・パービアンスほか
ながの・ひでこ
 著書に「おかあさんがおかあさんになった日」(童心社)ほか。4月上旬に「げんこつやまのたぬきさん」(のら書店)を刊行予定。

(2019年3月29日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
飯野和好さん(絵本作家)「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

飯野和好さん(絵本作家)
「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

子どもの頃は邦画といえば時代劇、洋画といえば西部劇でしたね。

佐藤好春さん(アニメーター)「ダイ・ハード」(1988年)

佐藤好春さん(アニメーター)
「ダイ・ハード」(1988年)

当時のアクション映画にはめずらしく、普通のおじさんの主人公が体を張って悪と闘います。

本秀康さん(漫画家、イラストレーター)「バンデットQ」(1981年)

本秀康さん(漫画家、イラストレーター)
「バンデットQ」(1981年)

僕の漫画家デビューは25歳。漫画雑誌「ガロ」(2002年休刊)でした。高校生の頃に一度、ガロに持ち込みをして、当時の編集長に「映画を見て話作りの勉強をしなさい」と言われ、1~2年ほど映画を見まくりました。そんな時期にこのSFファンタジー映画と出会ったんです。

榎本マリコさん(イラストレーター、画家)「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年)

榎本マリコさん(イラストレーター、画家)
「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年)

 スウェーデン郊外の閉鎖的な町で、いじめを受けている12歳の少年オスカーが主人公。夜にひとりで復讐する妄想をして、憂さ晴らしをしています。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

5月17日 注目グッズ
「メレンゲスティック」など

泡立てた卵白を使って、ふわふわのオムレツやパンケーキを作ってみない?

「清芳亭」の湯の花饅頭

オトコの別腹

渋川清彦さん
「清芳亭」の湯の花饅頭(まんじゅう)

お菓子ってあんまり食べないんですよね、俺。甘いものは好きで食べるというより、頭を働かせたいなとか、疲れたなとか、そういうときに摂取する感じですね。

「蒙古タンメン中本」の冷し味噌ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

森山愛子さん
「蒙古(もうこ)タンメン中本」の
冷し味噌(みそ)ラーメン

とにかくすーっごく辛いんです! でも辛いだけじゃなくうまみがあるんです。

テクノコスモス 逢坂卓郎、田中常雅作(東京都大田区)

アートリップ

テクノコスモス
 逢坂卓郎、田中常雅作(東京都大田区)

JR蒲田駅に隣接する大田区役所には、知る人ぞ知る吹き抜け空間がある。3~11階の高さ約30メートル。上層階からのぞき込むと、ぴんと張ったワイヤに、銀色の様々な物体が。よく見るとそれは、工業部品だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。