私の描くグッとムービー

長野ヒデ子さん(絵本作家)
「キッド」(1921年)

絵本をめくるような面白さ

 女優志望の若い女性が捨てた赤ん坊を、チャプリン扮する放浪者が拾って育てることになるの。小さな部屋での生活の場面が面白くて。ひもでつるしたやかんからミルクを飲むところとか、シーツをかぶって洋服になるところとか、絵本をめくるような面白さが随所にあります。絵本はやさしい言葉で書いている子どもから大人までのもの。この映画も無声映画で字幕の言葉が少ないし、小さな子どもでもわかる表情と動きで、伝わってくるものが大きいと思った。

 そして5年後。5歳になった男の子との生活は貧しく、生活費稼ぎのための共同しての悪い仕事もユーモアがあり、血はつながっていないけど、本当の親子みたいになっている。昨年、カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した「万引き家族」のように、深い愛情で結ばれている。血がつながっていない分、普遍的な愛情を感じて「みんなと手をつないで生きなきゃだめなんだ」という大きなメッセージが伝わってくる気がします。

 絵は70年以上前、祖父と一緒に芝居小屋で初めてこの映画を見たところ。「いつも怖いおじいちゃんも笑うんだ」と驚いたの。チャプリンのファッションもすごくおしゃれ。ひげも一緒に動くから、いろんな表情が表せるのよね。音楽も素晴らしくて、音楽、せりふ、ファッションすべてが総合の芸術として、この映画を作ったんだなあと思った。モノクロの映画だけど色が見えてくる感じね。

聞き手・清水真穂実

 

  監督・脚本・出演=チャールズ・チャプリン
  製作=米
  出演=ジャッキー・クーガン、エドナ・パービアンスほか
ながの・ひでこ
 著書に「おかあさんがおかあさんになった日」(童心社)ほか。4月上旬に「げんこつやまのたぬきさん」(のら書店)を刊行予定。

(2019年3月29日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

菊池武夫さん(ファッションデザイナー) 「ゲッタウェイ」(1972年)

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。

死後くん(イラストレーター) 「薄氷の殺人」(2014年)

死後くん(イラストレーター)
「薄氷の殺人」(2014年)

映画は、高校生の頃から意識してよく見るようになりました。一時期、映画監督を目指していたこともあり、いろんなジャンルを見ていました。

田中達也さん(ミニチュア写真家) 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

田中達也さん(ミニチュア写真家)
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

実はバンクシーにはあまり興味ないんですよ。正直好きな映画じゃない(笑)。でも現代アートについて、言いたいことが詰まってるんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。