私の描くグッとムービー

小迎裕美子さん(イラストレーター)
「トッド・ソロンズの子犬物語」(2015年)

さえない飼い主 渡り歩く犬

 月刊誌に連載中の映画コラムで挿絵を担当しているので、今までに多くの作品を見てきました。この作品は万人受けしないブラックコメディー。かわいい犬の話だと思ったら大間違いです。犬好きな人は見ないほうがいいかもしれませんね。


 病弱な男の子とその両親、獣医師の助手、生徒からナメられている映画学校の講師兼脚本家、偏屈なおばあさんと金を無心する孫娘。ものすごく不幸ってわけではないけれど、さえない日常を送る4組の飼い主のもとを、1匹のダックスフントが渡り歩くオムニバスです。それぞれの話の根底に「死」というネガティブな要素が絡んでいますが、笑ってしまう箇所が随所に盛り込まれています。気まずさだとか、後悔だとか、誰にでも心当たりのある「負」の感情を抱え込んでいる登場人物。その姿は不謹慎な例えですが、他界した父に対面したとき、女性ものの下着のようなツルツルした布が顔にかかっていて、つい噴き出してしまった、みたいなおかしみがあるんです。


 ソロンズ監督のデビュー作「ウェルカム・ドールハウス」で主人公だった少女ドーンが、第2話に出てくる獣医師の助手で登場します。クラスメートだった男性に再会して、誘われるがまま仕事を放り出して旅に出てしまう。出かける前日に自室のベッドに腰掛けて「ここに未練なんてない」とつぶやくシーンは、なんとなく「ここじゃない別の場所に逃げ出したい」感情と重なって、感慨深かったですね。


 人の本質を「ちょっと意地悪」な目線で捉えたこの作品は、私のバイブルです。

聞き手・尾島武子

 

  監督・脚本=トッド・ソロンズ
  製作=米
  出演=ダニー・デビート、エレン・バースティン、
     ジュリー・デルピーほか
こむかい・ゆみこ
 雑誌や書籍の挿画などを手がける。著書に紫式部の日記を漫画化した「人生はあはれなり…紫式部日記」(KADOKAWA)も。

(2019年4月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

菊池武夫さん(ファッションデザイナー) 「ゲッタウェイ」(1972年)

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。

死後くん(イラストレーター) 「薄氷の殺人」(2014年)

死後くん(イラストレーター)
「薄氷の殺人」(2014年)

映画は、高校生の頃から意識してよく見るようになりました。一時期、映画監督を目指していたこともあり、いろんなジャンルを見ていました。

田中達也さん(ミニチュア写真家) 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

田中達也さん(ミニチュア写真家)
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

実はバンクシーにはあまり興味ないんですよ。正直好きな映画じゃない(笑)。でも現代アートについて、言いたいことが詰まってるんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。