私の描くグッとムービー

佐藤好春さん(アニメーター)
「ダイ・ハード」(1988年)

アニメみたいなマクレーン刑事

 当時のアクション映画にはめずらしく、普通のおじさんの主人公が体を張って悪と闘います。アニメの制作現場でがむしゃらに働いた20代が過ぎ、30代の始めのころに見て背中を押されました。この先もまだ頑張れる、と。

 舞台は武装テロリスト集団に占拠された高層ビル。偶然居合わせたニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事は、不運な状況に文句を言いながらも、約30人の人質を救うためにたった1人で敵を倒していきます。

 主人公が超人ではなく普通なところがいい。満身創痍になり、ガラスで血まみれの裸足とランニングシャツ姿で闘う羽目になっている。マクレーン刑事は、僕が影響を受けた宮崎駿さんのアニメ作品「未来少年コナン」の主人公が少し大人になったようなイメージです。派手なアクションがあって、コナンもランニングシャツと裸足だから。もう一人、僕が新人のころ、高畑勲さんが同じ格好で机に向かって制作に没頭していた後ろ姿を思い出しました。

 登場人物は大柄な敵やユーモラスな丸顔の黒人警察官など、キャラが立っていてわかりやすい。アニメにしやすそうだなと思って見ていました。悪役ハンスは非情な男だけど、紳士的なスーツ姿でかっこいいんです。粗暴じゃない悪役は、僕の作風も影響を受けています。

 何度やられても立ち上がるマクレーン刑事の不屈の姿は、それこそアニメのよう。元気をもらいましたね。本作のような派手なアクションをアニメでも作ってみたいです。

聞き手・星亜里紗

 

  監督=ジョン・マクティアナン
  製作=米
  出演=ブルース・ウィリス、ボニー・ベデリア、アラン・リックマンほか
さとう・よしはる
 1958年生まれ。スタジオジブリの「となりのトトロ」、世界名作劇場「ロミオの青い空」などの作画監督を務める。

(2019年5月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

菊池武夫さん(ファッションデザイナー) 「ゲッタウェイ」(1972年)

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。

死後くん(イラストレーター) 「薄氷の殺人」(2014年)

死後くん(イラストレーター)
「薄氷の殺人」(2014年)

映画は、高校生の頃から意識してよく見るようになりました。一時期、映画監督を目指していたこともあり、いろんなジャンルを見ていました。

田中達也さん(ミニチュア写真家) 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

田中達也さん(ミニチュア写真家)
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

実はバンクシーにはあまり興味ないんですよ。正直好きな映画じゃない(笑)。でも現代アートについて、言いたいことが詰まってるんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。