私の描くグッとムービー

飯野和好さん(絵本作家)
「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

迫力ある顔 片岡千恵蔵の安心感

 子どもの頃は邦画といえば時代劇、洋画といえば西部劇でしたね。その中で何度も何度も見てきたのがこの作品です。「瞼の母」は、昭和の間に数回映画化されていますが、片岡千恵蔵の大ファンなので、初期の無声映画、活動弁士付きのこれが好きですね。彼はとにかく迫力のある大きな顔で、画面に出てくると何とも言えない安心感があります。無声映画は弁士によっても印象が全然違い、松田春翠の名調子の活弁には胸躍ります。

 「瞼の母」は、渡世人の忠太郎が幼い頃に生き別れたおっかさんを捜して旅する物語。劇中にはもちろんチャンバラの場面も出てきます。忠太郎はやっと母を見つけますが、料亭の女将になっていた母に冷たく突き放されてしまう。立ち去る忠太郎が切ないんですよね。

 この映画は、私の絵本「ねぎぼうずのあさたろう」の元になった作品でもあるんです。股旅ものの絵本を作ろうと思ったときに、ふっと思い出し、改めてVHSを買ったり、長谷川伸の原作を読んだりして拵えました。

 若い頃は、ヨーロッパの童話や童謡を意識して描いていたんです。でも実際にイタリアを巡ったときに、背負っている「文化」の違いを実感し、日本の物語を描こうと決めました。

 絵本と映画は似ていると思いますね。だから「構成」にはすごく気を使っています。ページをめくった瞬間に場面がパッと変わる。次はアップでとか引きでとか、ページを繰るごとに様々な角度からの絵が楽しめるように工夫しています。

(聞き手・牧野祥)

 

  監督・脚本=稲垣浩
  原作=長谷川伸
  出演=片岡千恵蔵、浅香新八郎、常盤操子、山田五十鈴ほか
  弁士=松田春翠
いいの・かずよし
 1947年生まれ。股旅姿での絵本の読み語りを全国各地で続けている。6月下旬に新作絵本「火 あやかし」(小峰書店)を発売予定。

(2019年5月17日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る

佐藤穂波さん(イラストレーター)
「ヘアスプレー」(2007年)

高校生の頃、有志でダンスを披露する文化祭の企画がありました。この映画に出てくる曲で踊ることになり、みんなで映画を見たのが最初です。

よしながこうたく さん(絵本作家) 「タイタンの戦い」(1981年) 

よしながこうたく さん(絵本作家)
「タイタンの戦い」(1981年) 

ギリシャ神話の最高神ゼウスと人間の姫ダナエの間に生まれた半神半人のペルセウスが主人公の冒険物語。

柳幸典さん(現代美術家)「冒険者たち」(1967年)

柳幸典さん(現代美術家)
「冒険者たち」(1967年)

「命を賭けて挑戦しなければ何物をも得ない」。少年の頃に見て、そんな感慨を持った映画です。

谷口智則さん(絵本作家)「ブリキの太鼓」(1979年)

谷口智則さん(絵本作家)
「ブリキの太鼓」(1979年)

原作は、ドイツの作家ギュンター・グラスの代表作。ダンチヒ(現ポーランド・グダニスク)を舞台に、自ら3歳で成長を止めてしまった主人公オスカルの目線を通し、ナチス台頭から敗戦の混乱期にひずむ社会や人間模様、生と死、愛などが生々しく描かれています。

新着コラム 一覧を見る
「茶運び人形(男)」

美博ノート

「茶運び人形(男)」

江戸時代に発展したからくり人形は、祭礼や人形浄瑠璃に使われたほか、大名など富裕層の間では高級玩具として愛玩された。

我孫子市鳥の博物館

気になる一品

我孫子市鳥の博物館

剥製や骨格標本などで、鳥の進化や世界の鳥類を紹介する我孫子市鳥の博物館。ショップの人気商品が、すし屋で目にする湯飲みをイメージしたオリジナル「湯飲み」(500円)だ。

スパイラル・リングG 木戸修作(群馬県前橋市)

アートリップ

スパイラル・リングG
木戸修作(群馬県前橋市)

上毛電鉄の中央前橋駅に降り立つと、赤城山だろうか、山の稜線が目に入る。分ほど歩き、群馬県警本部を訪ねた。

秋田蘭画 秋田県立近代美術館

私のイチオシコレクション

秋田蘭画 秋田県立近代美術館

秋田蘭画とは、江戸中期に秋田藩士が西洋絵画の技法を取り入れて描いた絵画のことです。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。