私の描くグッとムービー

柳幸典さん(現代美術家)
「冒険者たち」(1967年)

人生を賭ける挑戦者の生き方

 「命を賭けて挑戦しなければ何物をも得ない」。少年の頃に見て、そんな感慨を持った映画です。「いい大学を出て、いい会社に入って」という型にはまった生き方を押し付けられるような悶々とした思いの時に、違う生き方を見せられて衝撃を受けました。

 冒険に挑むパイロット、画期的なカーエンジンを作るエンジニア、そして女性の前衛芸術家。それぞれが夢に挑戦して挫折し、一発逆転を狙ってヨットで宝探しをする旅に出る。そこには当然リスクがあり、彼らは命の危険に直面してしまう。

 3人とも人生の挑戦者なんです。僕と同じ、敷かれたレール上では進めない人間たち。皆魅力的ですが、特に前衛芸術家という職業はインパクトがあった。当時の日本で前衛芸術家は珍しく、芸術、しかも前衛で身を立たせることが成り立つとは思ってもみなかったので。フランスってすごい国だなって、純粋に外国への憧れを持ちました。

 映画では海に浮かぶ要塞が重要な役割を持ちますが、これが非常にかっこいい。元々僕は、秘密基地を作って遊んでいた子どもがそのまま大人になった感じでして。映画の要塞のような巨大な秘密基地を作りたいと常々思っていた。それで、岡山・犬島の精錬所の廃虚を秘密基地みたいな美術館に再生したり、広島・百島にアートセンターを作ったりしたんです。造船所が近くにある百島では、大型船のブロックを台船で運ぶ光景が見られ、それが要塞を連想させてわくわくします。そんな光景を撮った写真にドローイングを重ねて、今回のイラストにしました。

(聞き手・安達麻里子)

 

  監督=ロベール・アンリコ
  製作=仏
  出演=アラン・ドロン、リノ・バンチュラ、ジョアンナ・シムカスほか
やなぎ・ゆきのり
 1959年生まれ。犬島の犬島精錬所美術館の考案・実現、百島の「ART BASE百島」の設立など、瀬戸内海の離島を拠点に国際的に活動。

(2019年6月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
荒井真紀さん(絵本作家)「シザーハンズ」(1990年)

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。

ますこえりさん(イラストレーター) 「ジョゼと虎と魚たち」(2003年) 

ますこえりさん(イラストレーター)
「ジョゼと虎と魚たち」(2003年) 

田辺聖子さんの短編小説が原作です。平凡な大学生の恒夫と、足が不自由で祖母が押す乳母車に人目を忍ぶように乗る少女ジョゼの恋愛物語。

町田ヒロチカさん(イラストレーター)
「トワイライトゾーン 超次元の体験」
(1983年)

1959年~60年代前半にアメリカで放送されたSFテレビシリーズの映画版です。プロローグの後に「チャラリラチャラリラ」という怪しげなテーマ曲とナレーションが流れ、四つのストーリーが始まります。

東直子さん(歌人・作家)「いつか読書する日」(2004年)

東直子さん(歌人・作家)
「いつか読書する日」(2004年)

朝は牛乳配達、昼はスーパーで働く50歳の大場美奈子という独身女性が主人公の恋愛映画です。高校生の時、好きだった同級生・高梨槐多の父と自分の母が不倫をしていて、交通事故で2人とも一緒に死んでしまったという過去を抱えながら、今も同じ町で静かに暮らしています。

新着コラム 一覧を見る
『ぐらんぶる』が実写化

シネマNEWS

『ぐらんぶる』が実写化!原作は累計発行部数440万部突破“異色の”人気コミックス!

講談社「good!アフタヌーン」にて2014年4月から連載中の原作:井上堅二、漫画:吉岡公威(きみたけ)のコンビによる漫画「ぐらんぶる」はボケ・ギャグ・つっこみ満載!命がけのキャンパスライフを描く青春コメディ。

“独身・彼女なし”田中圭の恋人は花!?

シネマNEWS

“独身・彼女なし”田中圭の恋人は花!?不器用すぎる片想いたちによる“メロウ”な本予告映像解禁!

『パンとバスと2度目のハツコイ』、『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019 年にドラマ「あなたの番です」での好演もあり、今勢いのある俳優・田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ)が、2020 年1 月17 日(金)に全国公開。

「銀座 よし田」の鴨せいろ

おんなのイケ麺(めん)

春本由香さん
「銀座 よし田」の鴨せいろ

実家では大みそかになると、必ずこちらで年越しそばをいただいていました。父(六代目尾上松助)の生前、家族でよくうかがった、思い出の詰まったお店です。

「仁井田本家」のこうじチョコ

オトコの別腹

鈴木心さん
「仁井田本家」のこうじチョコ

故郷の福島県郡山市の酒蔵で作られている素朴なお菓子です。見た目はチョコレート。だけどカカオは入っていません。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。