私の描くグッとムービー

よしながこうたく さん(絵本作家)
「タイタンの戦い」(1981年) 

怪物たちに命吹き込む職人技

 ギリシャ神話の最高神ゼウスと人間の姫ダナエの間に生まれた半神半人のペルセウスが主人公の冒険物語。神様の愛憎に振り回されながら、後に妻となるアンドロメダ姫にかけられた呪いを解くために怪物たちと闘う。10歳ごろ、この映画をテレビで見て衝撃を受けました。

 怪物がマジで存在してたらこんな動きをするんだ、というものを、レイ・ハリーハウゼンというストップモーションアニメーションの神様みたいな人が見せてくれたからなんです。古臭いやり方かもしれないんですけど、人形をちょっとずつ動かすとまるで動いているように見えて。物に命を吹き込むっていうのはまさしくこのこと。

 現実にありそうな見せ方がうまい。例えば、姫の魂が巨大なワシに連れ去られる場面のカメラワーク。物音に気付いたペルセウスがテラスに行って初めて怪物に出会う。その驚きが伝わって、こちらもわくわくする。恋敵のカリボスが醜い獣の姿に変身させられる場面も影だけで見せるんです。それが怖い。「あっ、今すごいファンタジーの世界にいるんだ」と思わせられる。

 子どもの頃から、変な生き物が身近にいたらどんな風に見えるかなと想像していました。誰も見せてくれないから自分で作るしかないと思って絵を描き始めたんです。でも、自分の知っている町にそれが出てこないと、大きさとか怖さが絵から伝わってこない。絵は、郷里の福岡を舞台にした僕のペルセウスごっこを描きました。この映画との出会いが間違いなく、絵描きになるきっかけになりましたね。

(聞き手・小松麻美)

 

  監督=デズモンド・デイビス
  製作=米
  出演=ハリー・ハムリン、ジュディ・バウカー、ローレンス・オリビエほか
よしなが・こうたく
 1979年、福岡県生まれ。代表作に絵本「給食番長」シリーズなど。博多弁での絵本の読み聞かせやライブペイントの活動も。

(2019年6月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

菊池武夫さん(ファッションデザイナー) 「ゲッタウェイ」(1972年)

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。

死後くん(イラストレーター) 「薄氷の殺人」(2014年)

死後くん(イラストレーター)
「薄氷の殺人」(2014年)

映画は、高校生の頃から意識してよく見るようになりました。一時期、映画監督を目指していたこともあり、いろんなジャンルを見ていました。

田中達也さん(ミニチュア写真家) 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

田中達也さん(ミニチュア写真家)
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

実はバンクシーにはあまり興味ないんですよ。正直好きな映画じゃない(笑)。でも現代アートについて、言いたいことが詰まってるんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。