私の描くグッとムービー

死後くん(イラストレーター)
「薄氷の殺人」(2014年)

元刑事と謎の女が織りなす白昼夢

 映画は、高校生の頃から意識してよく見るようになりました。一時期、映画監督を目指していたこともあり、いろんなジャンルを見ていました。

 中国が舞台のサスペンス。元刑事のジャンは、猟奇的な連続バラバラ殺人事件を独自に調査しています。やがて被害者の男たちが殺される直前に親密な関係にあった、クリーニング店で働く女性のウーに行き着きます。そしてジャンもまた、ウーに引かれていきます。

 僕、映画を見てもストーリーは次の日には忘れちゃうんです。でも、この映画は映像的な後味が強くて、後々まで記憶に残るシーンがたくさんあります。ジャンが、ウーと一緒に屋外スケートリンクに行くシーン。辺り一面雪景色に囲まれたリンクをグルグル回ります。これがまるで白昼夢のようで。原題は「白日焔火」で、「白昼の花火」という意味です。原題のような非現実的な雰囲気、浮遊感が映画に漂っています。

 徐々にジャンが事件の核心に迫り、ウーと2人で観覧車に乗ります。観覧車といえば、ドラマチックなシーンによく出てきます。けれども、この映画の観覧車のシーンは、緊張感がありつつ映像的にも美しくて、かつエロチックでもあります。控えめですが、お互いの気持ちが最高潮に達する様子が映し出されていて、印象的でした。

 あと、ジャンがウーと入った食堂で食べる肉まんが、めちゃめちゃおいしそう。イラストは、そのシーンにウーや、事件解決の鍵となるナイトクラブ「白日焔火」を入れて描きました。

(聞き手・渋谷唯子)

 

  監督・脚本=ディアオ・イーナン
  製作=中・香港
  出演=リャオ・ファン、グイ・ルンメイ、ワン・シュエピンほか
しごくん
 NHK「おやすみ日本」の「日本眠いい昔ばなし」のイラストや雑誌の挿絵などを手がける。コミック「I My モコちゃん」(玄光社)を発売中。

(2019年7月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

菊池武夫さん(ファッションデザイナー) 「ゲッタウェイ」(1972年)

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。

田中達也さん(ミニチュア写真家) 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

田中達也さん(ミニチュア写真家)
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

実はバンクシーにはあまり興味ないんですよ。正直好きな映画じゃない(笑)。でも現代アートについて、言いたいことが詰まってるんです。

佐藤穂波さん(イラストレーター)
「ヘアスプレー」(2007年)

高校生の頃、有志でダンスを披露する文化祭の企画がありました。この映画に出てくる曲で踊ることになり、みんなで映画を見たのが最初です。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。