私の描くグッとムービー

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

「男」が生きているかっこよさ

 創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。それまでの米映画は、勧善懲悪でハッピーエンドがお決まりでしたが、ペキンパーが表現したのはバイオレンスとダーティーな黒の世界でした。

 この作品は、刑期途中で出所したドクが、釈放に力を貸した地方政界実力者との取引で、妻のキャロルと銀行強盗に向かう。しかし、奪った金を持ったまま、キャロルとメキシコに向かって逃亡するというストーリー。

 実力者から銀行に送り込まれた殺し屋は、金を独り占めしようとし、ドクに拳銃で撃たれます。ところが、防弾チョッキを着ていたために一命をとりとめ、ドクを追い続ける。ペキンパーらしい執拗さが表れた印象的な場面でした。ドクとキャロルの逃走シーンには車が頻繁に登場し、米社会での人と車の密接な関係を映し出します。

 キャロルが実力者と関係を持っていたと知りながら体を張って守るドク。ドクを心から愛するために不貞をはたらいたキャロル。2人の夫婦愛も描かれています。その行く末には驚きましたが、監督らしからぬ、ほのぼの感があっていいなと。

 ドク役のスティーブ・マックイーンは表情をほとんど変えず、オーバーなアクションもない。けれど、「男」が生きているときに感じるかっこよさがありました。今の若い人たちにはなかなか理解されないでしょうが、男らしさに価値があった当時を想像して見ると、おもしろい映画かもしれません。

(聞き手・陣代雅子)

  監督=サム・ペキンパー
  製作=米
  出演=スティーブ・マックイーン、アリ・マッグロー、アル・レッティエリほか
きくち・たけお
 1939年生まれ。メンズブランド「タケオキクチ」のほか、大人の着こなしを提案する「40 CARATS & 525」を手掛ける。

(2019年7月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
坂本慎太郎さん(ミュージシャン)「6才のボクが、大人になるまで。」(2014年)

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)
「6才のボクが、大人になるまで。」
(2014年)

一人の少年の6歳から18歳で独り立ちするまでを描いた成長物語。同じキャストを1年ごとに実際に12年かけて撮影しているんです。

長江青さん(PRディレクター、絵本作家)「ライフ いのちをつなぐ物語」(2011年)

長江青さん(PRディレクター、絵本作家)
「ライフ いのちをつなぐ物語」(2011年)

これは、地球上の様々な場所で暮らす生き物の姿を、「生きること=生き抜くこと」にフォーカスして撮影したドキュメンタリーです。

井上奈奈さん(画家、絵本作家)「ミスター・ロンリー」(2007年)

井上奈奈さん(画家、絵本作家)
「ミスター・ロンリー」(2007年)

「ミスター・ロンリー」はタイトル通り憂鬱で美しい映画です。一見関係のない二つの物語が一つの映画として描かれ、信仰心に潜む悲哀が二つをつないでいます。

桐竹勘十郎さん(人形浄瑠璃文楽人形遣い)「チキ・チキ・バン・バン」(1968年)

桐竹勘十郎さん(人形浄瑠璃文楽人形遣い)
「チキ・チキ・バン・バン」(1968年)

15歳で文楽の初舞台を踏んだ頃、生まれて初めて見たミュージカルでよく覚えています。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

8月23日 注目グッズ
「TAP TAPE(タップテープ)」など

「TAP TAPE(タップテープ)」は、ノートやアルバム、壁などにメモや写真を貼りたいときに役立つ、スタンプ式の両面テープだよ。

「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

ひさご通り商店街のサマーフェスティバルに登場したパンダバージョンの台東くん。商店街キャラクターのひさごろうと一緒にイベントを盛り上げた=2019年7月14日 東京都台東区浅草2丁目、小松麻美撮影

ご当地キャラ大集合

仏様が書いた文字から浮かび上がる区のまもり神

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第7回は東京都台東区の「台東くん」です。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。