私の描くグッとムービー

後藤美和さん(イラストレーター)
「レジェンド 狂気の美学」(2015年)

英国舞台のテンポ良いギャング映画

 映画の舞台となったロンドンと、公開当時、私が住んでいたダブリン。どんよりとしたグレーの空と街の雰囲気が重なる。親近感が湧いた映画でした。

 1960年代にロンドンで実在した双子のギャング、クレイ兄弟の生き様を描いた物語。商才があり、ダンディーで人気者の兄レジーと、暴力的で周りから恐れられている弟ロン。2人は手段を選ばない方法で街の権力を握っていく。しかし、レジーが部下の妹フランシスと結婚したことからロンとの関係が悪化。兄弟の絆はしだいに壊れていく。

 目を見張ったのは、一人二役を演じたトム・ハーディの兄弟げんか。ビンタ連発、かみつき、突き飛ばし。全力を尽くした激しいシーンに、一瞬目を覆いたくなりましたが、ドラムの音が小気味よく流れて爽快な気分に。

 イラストに描いたのは、レジーと「悪」の道を突き進むロンとの固い絆。「善」を象徴する「純白」のドレスを着たフランシス。フランシスは仕事人間のレジーから相手にされなくなり、愛想が尽きて別れても、もがき苦しむ態度は見せない。違和感がありました。こんなきれいで物わかりのいい態度がとれるのかと。そんな彼女が自ら命を絶ったのは、心底愛する気持ちを断ち切りたかった。解決策だったんでしょうね。

 全体的に演出も重くなくて、テンポも良い。そして、スタイリッシュ。バイオレンス映画ですが、暴力的というより、深刻な人間関係や複雑な心理が描かれている作品だと思いました。

(聞き手・陣代雅子)

 

  監督・脚本=ブライアン・ヘルゲランド
  製作=英・仏
  出演=トム・ハーディ、エミリー・ブラウニングほか
ごとう・みわ
 パリ在住。広告、テキスタイルなど幅広く手掛ける。現在、パリのショコラティエとのコラボレーションでお菓子のパッケージを制作中。

(2019年10月4日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
荻原浩さん(作家)「きっと、うまくいく」(2009年)

荻原浩さん(作家)
「きっと、うまくいく」(2009年)

インド映画に興味を持つきっかけになった作品です。ジブリ作品や恐竜映画も好きですが、人に薦めるならこれですね。

岡田千晶さん(絵本作家)「ラ・ラ・ランド」(2016年)

岡田千晶さん(絵本作家)
「ラ・ラ・ランド」(2016年)

夢を追う人たちを応援する映画です。成功するしないにかかわらず、夢をかなえるためにひたむきになる。

ウド鈴木さん(タレント)「赤毛のアン・完全版」(1986年)

ウド鈴木さん(タレント)
「赤毛のアン・完全版」(1986年)

「赤毛のアン」は、奇想天外な発想を持つアンが人と会って成長していく話です。僕は、子供のころにアニメを見て好きになり、20代半ば過ぎに、カナダのドラマを映画化した完全版の上映があるということで映画館に見に行きました。

島田虎之介さん(漫画家)<br>「突破口!」(1973年)

島田虎之介さん(漫画家)
「突破口!」(1973年)

子どもの頃、テレビで洋画劇場が放映されていて。どんな作品でも欠かさず見ていましたね。おかげで見る目が養われた、幸福な時代でした。

新着コラム 一覧を見る
プラスチックの海

シネマNEWS

レオナルド・ディカプリオ製作総指揮、ドキュメンタリー映画『プラスチックの海』

環境保護活動にも熱心な俳優のレオナルド・ディカプリオも製作総指揮に名を連ね、また、国連総会で短縮版がプレミア上映もされたドキュメンタリー映画『プラスチックの海』の公開が決定!ポスタービジュアルも到着した。

ライフ・イズ・カラフル

シネマNEWS

人気絶頂のビートルズも愛用!

『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』より、人気絶頂だった若き日のビートルズと、新進気鋭のデザイナーだったころのピエール・カルダンとの関りが分かる貴重な本編映像が解禁された!

ブームの卵

ブームの卵

9月18日 注目グッズ
「サテンデ」など

「サテンデ」(使用時幅13.2×奥行き17.2×高さ10.5センチメートル、収納時幅13.5×奥行き17.5×高さ2センチメートル、2970円)は、コンパクトな収納ケースから本体を引き出して組み立てて、新幹線や飛行機の小さなテーブルでもマルチに使える携帯式ブックスタンドだよ☆

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族

シネマNEWS

『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』公開決定!

世界的動物写真家・岩合光昭がネコの目線で世界の街角のネコを撮影し、“ネコも楽しめるネコ番組!?”として大人気のNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


◆お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。