私の描くグッとムービー

山田参助さん(漫画家)
「本日休診」(1952年)

味わい深い戦後の群像劇

 戦後まもなく医院を再開した町医者の先生と周りの人々を描いた群像劇。たまの休診日なのに急患が続々とやってきたり往診に呼ばれたり。患者やその家族、恋人らが絡み合い、物語のテンポの速さに驚かされる「長屋ものジェットコースター・ムービー」とでも呼びたい映画です。

 役者たちの芝居やせりふの言い回しも味わい深い。ぐうたらな炭団(たどん)屋の兄に恨み言をいいながら料亭で働く妹を演じる淡島千景の声がなんとも良い。調子のいい与太者を演じる名脇役の多々良純。三国連太郎は戦争後遺症の発作が起こると家族や隣人を無理やり整列させて訓示を垂れたり、傷ついた雁(がん)を見つけて「航空兵が負傷した」と医院に駆け込んで来たりするという役柄。その奇行に困り果てた母が嘆くと、一人息子をビルマ戦線で亡くした先生は「まだ幸せだよお前さんは。生きて帰ってきた」と返す。誰もが戦争の傷痕を引きずっていることが分かるシーンです。

 この作品をきっかけにして戦後の日本映画をたくさん見てきました。1950年代頃の映画は戦争映画そのものより、戦争や敗戦が身近に感じられました。そうやって積み重ねて見てきたことが、焼け跡の街や復員兵を題材にした自分の漫画「あれよ星屑(ほしくず)」の描き方に影響したと思います。

 がれきの中での庶民生活の切り取り方も好き。船上生活者の産婦を往診するシーンが印象的で、診察のお礼にもらった玉子を川にぽちゃんと落っことして「やあ、これはもったいないことをした!」って先生がつぶやく。そんなところでなぜか泣けてしまうんです。

(聞き手・井上優子)

 

  監督=渋谷実
  脚色=斎藤良輔
  原作=井伏鱒二
  出演=柳永二郎、佐田啓二、鶴田浩二、淡島千景、三国連太郎、多々良純ほか
やまだ・さんすけ
 1972年生まれ。「あれよ星屑」で第23回手塚治虫文化賞新生賞。11月に共著「片岡義男COMIC SHOW」が発売予定。

(2019年10月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
荻原浩さん(作家)「きっと、うまくいく」(2009年)

荻原浩さん(作家)
「きっと、うまくいく」(2009年)

インド映画に興味を持つきっかけになった作品です。ジブリ作品や恐竜映画も好きですが、人に薦めるならこれですね。

岡田千晶さん(絵本作家)「ラ・ラ・ランド」(2016年)

岡田千晶さん(絵本作家)
「ラ・ラ・ランド」(2016年)

夢を追う人たちを応援する映画です。成功するしないにかかわらず、夢をかなえるためにひたむきになる。

ウド鈴木さん(タレント)「赤毛のアン・完全版」(1986年)

ウド鈴木さん(タレント)
「赤毛のアン・完全版」(1986年)

「赤毛のアン」は、奇想天外な発想を持つアンが人と会って成長していく話です。僕は、子供のころにアニメを見て好きになり、20代半ば過ぎに、カナダのドラマを映画化した完全版の上映があるということで映画館に見に行きました。

島田虎之介さん(漫画家)<br>「突破口!」(1973年)

島田虎之介さん(漫画家)
「突破口!」(1973年)

子どもの頃、テレビで洋画劇場が放映されていて。どんな作品でも欠かさず見ていましたね。おかげで見る目が養われた、幸福な時代でした。

新着コラム 一覧を見る
プラスチックの海

シネマNEWS

レオナルド・ディカプリオ製作総指揮、ドキュメンタリー映画『プラスチックの海』

環境保護活動にも熱心な俳優のレオナルド・ディカプリオも製作総指揮に名を連ね、また、国連総会で短縮版がプレミア上映もされたドキュメンタリー映画『プラスチックの海』の公開が決定!ポスタービジュアルも到着した。

ライフ・イズ・カラフル

シネマNEWS

人気絶頂のビートルズも愛用!

『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』より、人気絶頂だった若き日のビートルズと、新進気鋭のデザイナーだったころのピエール・カルダンとの関りが分かる貴重な本編映像が解禁された!

ブームの卵

ブームの卵

9月18日 注目グッズ
「サテンデ」など

「サテンデ」(使用時幅13.2×奥行き17.2×高さ10.5センチメートル、収納時幅13.5×奥行き17.5×高さ2センチメートル、2970円)は、コンパクトな収納ケースから本体を引き出して組み立てて、新幹線や飛行機の小さなテーブルでもマルチに使える携帯式ブックスタンドだよ☆

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族

シネマNEWS

『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』公開決定!

世界的動物写真家・岩合光昭がネコの目線で世界の街角のネコを撮影し、“ネコも楽しめるネコ番組!?”として大人気のNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


◆お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。