私の描くグッとムービー

町田ヒロチカさん(イラストレーター)
「トワイライトゾーン 超次元の体験」
(1983年)

リアリティーと夢があるSF

 1959年~60年代前半にアメリカで放送されたSFテレビシリーズの映画版です。プロローグの後に「チャラリラチャラリラ」という怪しげなテーマ曲とナレーションが流れ、四つのストーリーが始まります。人種差別をする男が、差別される側になる第1話。老人ホームのお年寄りが子どもに戻ってしまう第2話。女性教師が超能力者の子どもの家に迷い込んでしまう第3話。飛行機恐怖症の男が、乗っている飛行機の窓の外にエンジンを破壊する怪物を見てパニックに陥る第4話。スピルバーグをはじめとした4人が監督していて、それぞれのストーリーに監督の色が出ています。

 僕が一番好きなのはスピルバーグが監督した第2話。黒人のおじいちゃんが「今夜、僕と缶蹴りをやらないかい?」と、老人ホームのみんなを誘います。すると、缶蹴りをしたお年寄りがみんな子どもに戻ってしまうんです。最初は楽しく遊びますが、最後におばあちゃんたちが、若返りは望まなかった、このままでいいと自分の人生を認める。一方で、子どものままでいることを選ぶおじいちゃんもいます。それぞれ自分で自分の道を選ぶんです。そこが自由で、愛にあふれている。子どもだけじゃなくて、老人にもしっかり夢を持たせてあげるところがスピルバーグらしいですね。

 少しのリアリティーと夢があるSFが好きなんです。人外の生物とコンタクトするワクワク感がありますし、想像力をかき立てられます。イラストは左上から時計回りで、僕が好きなストーリーの順に第2話、第3話、第1話、第4話のシーンを描きました。

(聞き手・渋谷唯子)

  監督=ジョン・ランディス、スティーブン・スピルバーグ、ジョーダンテ、ジョージ・ミラー
  製作=米
  出演=ビック・モローほか
まちだ・ひろちか
 1992年生まれ。グッズ制作や雑誌の挿絵などを手がける。11月20日~24日、東京・中目黒のギャラリーohhh!!!で個展を開催。
Instagram: @hirochikamachida

(2019年11月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
荻原浩さん(作家)「きっと、うまくいく」(2009年)

荻原浩さん(作家)
「きっと、うまくいく」(2009年)

インド映画に興味を持つきっかけになった作品です。ジブリ作品や恐竜映画も好きですが、人に薦めるならこれですね。

岡田千晶さん(絵本作家)「ラ・ラ・ランド」(2016年)

岡田千晶さん(絵本作家)
「ラ・ラ・ランド」(2016年)

夢を追う人たちを応援する映画です。成功するしないにかかわらず、夢をかなえるためにひたむきになる。

ウド鈴木さん(タレント)「赤毛のアン・完全版」(1986年)

ウド鈴木さん(タレント)
「赤毛のアン・完全版」(1986年)

「赤毛のアン」は、奇想天外な発想を持つアンが人と会って成長していく話です。僕は、子供のころにアニメを見て好きになり、20代半ば過ぎに、カナダのドラマを映画化した完全版の上映があるということで映画館に見に行きました。

島田虎之介さん(漫画家)<br>「突破口!」(1973年)

島田虎之介さん(漫画家)
「突破口!」(1973年)

子どもの頃、テレビで洋画劇場が放映されていて。どんな作品でも欠かさず見ていましたね。おかげで見る目が養われた、幸福な時代でした。

新着コラム 一覧を見る
空に住む

シネマNEWS

『空に住む』、今市隆二・登坂広臣からコメント到着‼

『EUREKA ユリイカ』などで世界的に知られる青山真治監督の7年ぶりの長編映画『空に住む』より、三代目J SOUL BROTHERSが担当する主題歌「空に住む ~Living in your sky~」の歌詞付きロングトレーラーが解禁、今市隆二・登坂広臣からコメント到着した。

ATEOTD

シネマNEWS

門脇麦×宮沢氷魚出演、齊藤工監督最新作『ATEOTD』公開決定!

俳優・フィルムメーカー・白黒写真家などマルチに活躍を続ける斎藤工が齊藤工名義で企画・脚本・監督を務めた最新短編映画『ATEOTD』が、9月25日(金)、イオンシネマほか全国上映が緊急決定!

プラスチックの海

シネマNEWS

レオナルド・ディカプリオ製作総指揮、ドキュメンタリー映画『プラスチックの海』

環境保護活動にも熱心な俳優のレオナルド・ディカプリオも製作総指揮に名を連ね、また、国連総会で短縮版がプレミア上映もされたドキュメンタリー映画『プラスチックの海』の公開が決定!ポスタービジュアルも到着した。

ライフ・イズ・カラフル

シネマNEWS

人気絶頂のビートルズも愛用!

『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』より、人気絶頂だった若き日のビートルズと、新進気鋭のデザイナーだったころのピエール・カルダンとの関りが分かる貴重な本編映像が解禁された!

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


◆お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。