私の描くグッとムービー

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

雪降る夜、絵画的な世界

 両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。丘の上の屋敷で孤独に暮らす彼が、ふもとの街で人気者に。そのきっかけを作った化粧品セールスの女性は、彼を自宅に招き入れるなど、世話好きで優しい。でも街には意地悪な人も。それぞれ人間味があって、現実とかけ離れた物語設定なのに、すっと入っていけました。

 いつも困ったような顔の彼は、不器用だけど純粋。応援したくなります。はさみを巧みに使って、庭の木や人々の髪をカットする場面も面白い。化粧品セールスの女性の娘との恋も交えて切ない展開に進みますが、報われなくても純粋な思いがあると感じられます。もともとラブストーリーはあまり見ませんが、主人公の思いに共感しました。

 ティム・バートン監督の世界観も印象的です。主人公の屋敷は暗い雰囲気ですが、人々が暮らす家々はカラフルなパステルカラー。色を用いた対比が絵画のようで、幻想的な雰囲気が引き立ちます。中でも、物語の最初と最後、夜に雪が降るシーンがおとぎ話のようで心に焼き付いています。

(聞き手・木谷恵吏)

  監督=ティム・バートン
  製作=米
  出演=ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダーほか
あらい・まき
 1965年生まれ。昆虫などの細密画家・熊田千佳慕に師事。「たんぽぽ」で「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」入賞。近刊に「チューリップ」。

(2019年11月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
金子富之さん(日本画家)「孔雀王」(1988年)

金子富之さん(日本画家)
「孔雀王」(1988年)

希望を頂いた映画です。大人の世界に魅力を感じられず、どうやって生きるか悩んでいた10歳ごろに見て、こんなに面白い世界観があるのかと。

ニシワキタダシさん(イラストレーター) 「ペーパー・ムーン」(1973年)

ニシワキタダシさん(イラストレーター)
「ペーパー・ムーン」(1973年)

1930年代、大恐慌の頃のアメリカが舞台。

広瀬克也さん(絵本作家)「トキワ荘の青春」(1996年)

広瀬克也さん(絵本作家)
「トキワ荘の青春」(1996年)

封切りされてすぐ、妻と娘と一緒に見に行きました。パンフレット、今も大事にしています。

ますこえりさん(イラストレーター) 「ジョゼと虎と魚たち」(2003年) 

ますこえりさん(イラストレーター)
「ジョゼと虎と魚たち」(2003年) 

田辺聖子さんの短編小説が原作です。平凡な大学生の恒夫と、足が不自由で祖母が押す乳母車に人目を忍ぶように乗る少女ジョゼの恋愛物語。

新着コラム 一覧を見る
「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おんなのイケ麺(めん)

山田真歩さん
「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おそばが好きなんです。仕事でいろいろなところに行きますが、行った先ではまずそば屋を調べますね。

JICA横浜 海外移住資料館

気になる一品

JICA横浜 海外移住資料館

明治~昭和期に海外へ移住した日系人の歴史や暮らしを紹介する海外移住資料館。3階のポートテラスカフェでは、日系人の食文化を体験できる「コラボレーションセット」(900円)を提供。

屋内広場sola 石上純也作(神奈川県厚木市)

アートリップ

屋内広場sola
石上純也作(神奈川県厚木市)

モクモクと広がる雲のような形の壁が目前に迫った。

青銅器 根津美術館

私のイチオシコレクション

青銅器 根津美術館

中国の殷周時代(紀元前17~同3世紀ごろ)、祭祀儀礼に使う青銅器が盛んにつくられました。神格化された動物や渦巻きなどの文様が細部まであしらわれているのが特徴です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。