私の描くグッとムービー

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

雪降る夜、絵画的な世界

 両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。丘の上の屋敷で孤独に暮らす彼が、ふもとの街で人気者に。そのきっかけを作った化粧品セールスの女性は、彼を自宅に招き入れるなど、世話好きで優しい。でも街には意地悪な人も。それぞれ人間味があって、現実とかけ離れた物語設定なのに、すっと入っていけました。

 いつも困ったような顔の彼は、不器用だけど純粋。応援したくなります。はさみを巧みに使って、庭の木や人々の髪をカットする場面も面白い。化粧品セールスの女性の娘との恋も交えて切ない展開に進みますが、報われなくても純粋な思いがあると感じられます。もともとラブストーリーはあまり見ませんが、主人公の思いに共感しました。

 ティム・バートン監督の世界観も印象的です。主人公の屋敷は暗い雰囲気ですが、人々が暮らす家々はカラフルなパステルカラー。色を用いた対比が絵画のようで、幻想的な雰囲気が引き立ちます。中でも、物語の最初と最後、夜に雪が降るシーンがおとぎ話のようで心に焼き付いています。

(聞き手・木谷恵吏)

  監督=ティム・バートン
  製作=米
  出演=ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダーほか
あらい・まき
 1965年生まれ。昆虫などの細密画家・熊田千佳慕に師事。「たんぽぽ」で「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」入賞。近刊に「チューリップ」。

(2019年11月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
丸山誠司さん(絵本作家)「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)

丸山誠司さん(絵本作家)
「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)

ドイツの舞踊団を率いた振付家で舞踊家のピナ・バウシュを、この映画で知りました。

「雪之丞変化」(1963年)

小田桐昭さん(クリエーティブディレクター)
/「雪之丞変化」(1963年)

電通に入ってCM(コマーシャルメッセージ)の作法を手探りで考えていたころに公開された映画です。時間を省略して表現する「時間のデザイン」という観点で刺激の多い作品だったのでよく覚えています。

「夜行列車」(1959年)

菊地信義さん(装幀家)
「夜行列車」(1959年)

夏の週末、ポーランドの首都ワルシャワからバルト海沿岸の避暑地へ、様々な男と女の人間模様を乗せて向かう夜行列車。若い男との恋の始末に旅へ出た主人公のマルタは、手術中の患者の死にさいなまれ列車に飛び乗った医師のイエジーと、偶然、1等車のコンパートメントに乗り合わせます。

「赤ひげ」(1965年)

中村好文さん(建築家)
「赤ひげ」(1965年)

黒澤映画は若い頃からよく見ていました。映画そのものも好きですが、映画の作られ方にとても興味がありますね。

新着コラム 一覧を見る
『ゴジラ』

シネマNEWS

「ゴジラ・ストアTokyo」にて限定カード“ゴジラと東京篇”が毎月配布されるキャンペーンの実施が決定!

第1作目となる映画『ゴジラ』が1954年に公開され、今年で65周年を迎えるゴジラ。

ブームの卵

ブームの卵

1月17日 注目グッズ
「電動スムージーメーカー」など

生野菜や果物の栄養を、丸ごと摂取できるスムージー。オフィスでもアウトドアでも楽しみたい!なら、「電動スムージーメーカー」はいかが♪

『弥生、三月-君を愛した30年-』

シネマNEWS

30年間、3月だけで紡ぐ誰もみたことのないラブストーリーの全貌が明らかに…

遊川和彦による第二回監督作品『弥生、三月 ー君を愛した30年ー』の予告編とポスターが解禁された。

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』

シネマNEWS

木村拓哉が映画ドラえもんに初参加!

2020年は国民的キャラクター「ドラえもん」の連載開始から50周年。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。