私のイチオシコレクション

南蛮美術 MOA美術館

隠し守られた異文化融合の品

重文「洋人奏楽図屛風(部分)」桃山時代 16世紀

重文「洋人奏楽図屛風(部分)」桃山時代 16世紀

  • 重文「洋人奏楽図屛風(部分)」桃山時代 16世紀
  • 重文「花唐草七曜卍花クルス文螺鈿箱」桃山時代 16世紀

 西欧の宣教師たちが日本を訪れ、キリスト教を広めた16世紀。西洋画法を学ぶための画学校が建てられ、布教に用いる聖画像が、日本人の手で数多く生み出されました。そして次第に、国内で南蛮美術が流行していったのです。東洋美術を中心に、約3500点を収蔵する当館では、リニューアル記念としてその中から、この時代の8点を展示しています。

 「洋人奏楽図」は、日本人によって描かれた、初期の洋風画です。陰影法や遠近法など、ルネサンス末期の西洋画法が使われています。当時の戦国大名たちは、戦闘図やこの作品のような牧歌的な題材を好み、邸宅に屛風(びょうぶ)などとして飾ったのです。

 「花クルス文螺鈿(らでん)箱」も同時代のものです。キリスト教の十字、仏教の右まんじ、日本の七曜紋が取り入れられ、さらにふたに施された「花唐草」は、朝鮮王朝の意匠とよく似ています。さまざまな国の文化が交ざり合った、特徴的な作品です。西欧から文化や美術が入ってきた桃山時代は、非常に華やかで、国際色豊かな時代だったと言えますね。

 ですが、16世紀後半になると、「バテレン追放令」などにより、キリスト教徒たちは弾圧されていきます。現代に残る美術品は、教徒が家の土蔵や壁の中などに、大変な思いで隠してきた貴重な品々なのです。

(聞き手・白井由依子)


 《MOA美術館》 静岡県熱海市桃山町26の2(TEL0557・84・2511)。午前9時半~午後4時半(入館は30分前まで)。11月1日を除く(木)休み。1600円。2作品は特別展「信長とクアトロ・ラガッツィ」(11月4日まで)で展示。

内田さん

館長 内田篤呉

 うちだ・とくご 専門は日本美術史。2013年に館長に就任。著書に「塗物茶器の研究」「光琳蒔絵の研究」など。

(2018年10月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
襖(ふすま)絵 串本応挙芦雪館

襖(ふすま)絵 串本応挙芦雪館

当館は本州最南端の町、和歌山県串本町の無量寺境内にあります。収蔵品の中心は、「奇想の画家」の一人、長沢芦雪(ろせつ)(1754~99)が無量寺のために描いた障壁画35面で、いずれも国の重要文化財です。

東洋医学書 九州国立博物館

東洋医学書 九州国立博物館

鍼灸(しんきゅう)や漢方薬などの東洋医学は古代、中国から伝わり、日本で独自に発展しました。その指南書は中国、朝鮮の医術や思想を色濃く反映しています。

富士山 静岡県立美術館

富士山 静岡県立美術館

富士山を擁する静岡県の美術館として、富士山が題材の作品約80点を所蔵。2月23日の「富士山の日」にちなんだ企画展を開催し、一部を公開しています。

和ガラス 瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

和ガラス 
瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸前期、南蛮船が持ち込んだガラスに魅了された日本の職人が、中国伝来の鉛ガラス素地を用いて日本独自のガラス製品を生み出していきました。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

岡田美術館

気になる一品

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。