私のイチオシコレクション

南蛮美術 MOA美術館

隠し守られた異文化融合の品

重文「洋人奏楽図屛風(部分)」桃山時代 16世紀

重文「洋人奏楽図屛風(部分)」桃山時代 16世紀

  • 重文「洋人奏楽図屛風(部分)」桃山時代 16世紀
  • 重文「花唐草七曜卍花クルス文螺鈿箱」桃山時代 16世紀

 西欧の宣教師たちが日本を訪れ、キリスト教を広めた16世紀。西洋画法を学ぶための画学校が建てられ、布教に用いる聖画像が、日本人の手で数多く生み出されました。そして次第に、国内で南蛮美術が流行していったのです。東洋美術を中心に、約3500点を収蔵する当館では、リニューアル記念としてその中から、この時代の8点を展示しています。

 「洋人奏楽図」は、日本人によって描かれた、初期の洋風画です。陰影法や遠近法など、ルネサンス末期の西洋画法が使われています。当時の戦国大名たちは、戦闘図やこの作品のような牧歌的な題材を好み、邸宅に屛風(びょうぶ)などとして飾ったのです。

 「花クルス文螺鈿(らでん)箱」も同時代のものです。キリスト教の十字、仏教の右まんじ、日本の七曜紋が取り入れられ、さらにふたに施された「花唐草」は、朝鮮王朝の意匠とよく似ています。さまざまな国の文化が交ざり合った、特徴的な作品です。西欧から文化や美術が入ってきた桃山時代は、非常に華やかで、国際色豊かな時代だったと言えますね。

 ですが、16世紀後半になると、「バテレン追放令」などにより、キリスト教徒たちは弾圧されていきます。現代に残る美術品は、教徒が家の土蔵や壁の中などに、大変な思いで隠してきた貴重な品々なのです。

(聞き手・白井由依子)


 《MOA美術館》 静岡県熱海市桃山町26の2(TEL0557・84・2511)。午前9時半~午後4時半(入館は30分前まで)。11月1日を除く(木)休み。1600円。2作品は特別展「信長とクアトロ・ラガッツィ」(11月4日まで)で展示。

内田さん

館長 内田篤呉

 うちだ・とくご 専門は日本美術史。2013年に館長に就任。著書に「塗物茶器の研究」「光琳蒔絵の研究」など。

(2018年10月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
画家のパレット 笠間日動美術館

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

メディアアート NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

メディアアート 
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

近年、コンピューターなどの電気通信技術を使った芸術、メディアアートが注目されています。当センターは日本の電話事業100周年を記念して、1997年に開館。

美人画 岡田美術館

美人画 岡田美術館

美しい女性を主題にした絵画は、江戸初期の風俗画に始まり、以後浮世絵の主流となって発展しました。

横山大観 足立美術館

横山大観 足立美術館

今年生誕150年の横山大観(1868~1958)。日本美術院の創設、再興に携わり、明治、大正、昭和にわたって、富士図、花鳥画、山水画などを描いた近代日本画家です。

新着コラム 一覧を見る
達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

17世紀オランダの画家を紹介する「フェルメール展」。ショップでは、ガラス瓶をキャンバスに「大人の塗り絵」が楽しめる「コロリアージュボトル」が人気。

ブームの卵

ブームの卵

10月12日 注目グッズ
「CHOCONT sheet」など

秋の行楽シーズンが到来。ハイキングや山登りなどでちょっとひと休みしたいときってあるよね。

きびがら工房@栃木・鹿沼

街の十八番

きびがら工房@栃木・鹿沼

緑豊かな住宅地にある、自宅兼工房の庭先。大きなざるの中で、十二支の人形たちが風に当たる。ほうきの材料、ホウキモロコシの茎を編んで作る郷土玩具「きびがら細工」だ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。