私のイチオシコレクション

鳥類標本 我孫子市鳥の博物館

「生きていた実物」から多様性を

鳥類標本 我孫子市鳥の博物館

トキの剝製 野瀬俊一氏寄託

  • 鳥類標本 我孫子市鳥の博物館
  • 鳥類標本 我孫子市鳥の博物館

 当館は1990年、山階鳥類研究所の千葉県我孫子市への移転を機に、隣接して設置された、日本初の鳥の専門博物館です。当時は近くの手賀沼の汚さが問題視され、市が水質改善の指標として鳥に注目したことも開館理由です。

 所蔵品は剥製を中心に約3千点。骨格標本や卵、巣も集めています。中でも本物の剥製を使った手賀沼のジオラマは目玉のひとつ。生き生きとした姿が間近で見られます。剥製の意義は「生きていた実物」ということ。世界の鳥の多様性を知る入り口になればと思っています。

 トキはニッポニア・ニッポンの学名を持つ鳥ですが、日本産は2003年に絶滅しました。現在は中国産の個体を導入し、野生復帰が試みられています。

 この剥製のトキは、1926年に長野県で捕獲されたもの。野生の日本産という点で、とても貴重だと思います。個人から寄託された際に、傷んだ剥製の修復を行い、現在の姿にして展示しています。

 もう1点は、インド洋のモーリシャス島に17世紀まで生息し、人間が食用に乱獲して絶滅したドードー。実は完全な剥製は世界に残っていないんです。これは館が制作した復元模型で、古い絵画や文献を基にしています。ドードーはハトの近縁種と言われていますが、模型の羽毛は分類学的には遠いダチョウやクジャク、ニワトリなどで、剥製師の工夫によるもの。ドードーの体の各部位の羽毛の形や大きさに応じて、様々な羽毛が使われており、大変うまく作られています。

(聞き手・中村さやか)


 《我孫子市鳥の博物館》 千葉県我孫子市高野山234の3(問い合わせは04・7185・2212)。午前9時半~午後4時半。原則(月)((祝)の場合は翌平日)休み。300円。2点は常設展示。

学芸員 小田谷嘉弥さん

 おだや・よしや 2013年より現職。標本の収集管理、自然観察会の運営などを担当。専門は動物生態学で、湿地性の鳥類の分類や生態を研究する。

学芸員 小田谷嘉弥さん

(2019年4月16日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
棟方志功 棟方志功記念館

棟方志功 棟方志功記念館

青森県出身の版画家・棟方志功(1903~75)。自身が生み出す版画を「板画」、肉筆画を「倭画」と呼び、他にも油絵や書を手がけました。

石の彫刻 イサム・ノグチ庭園美術館

石の彫刻 イサム・ノグチ庭園美術館

日米双方の血をひく彫刻家、イサム・ノグチ(1904~88)は1969年、高松市にアトリエを構えました。

切り絵 富士川・切り絵の森美術館

切り絵 富士川・切り絵の森美術館

一口に切り絵といっても、その定義は様々です。

ベルギー近代美術 姫路市立美術館

ベルギー近代美術 姫路市立美術館

ゲルマン系とラテン系の国に挟まれ、「ヨーロッパの十字路」とも呼ばれるベルギー。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

9月13日 注目グッズ
「しゅくだいやる気ペン」など

漢字の書き取りや計算。宿題はあるけど、やる気が出ない……。そんな子には、やる気を「見える化」する「しゅくだいやる気ペン」だ。

鈴木ヒラクさん(アーティスト)「コヤニスカッツイ」(1982年)

私の描くグッとムービー

鈴木ヒラクさん(アーティスト)
「コヤニスカッツイ」(1982年)

せりふは一切なく、映像とミニマル・ミュージックで知られる作曲家フィリップ・グラスの音楽だけで描いたドキュメンタリーです。

「廣榮堂」の元祖きびだんご

オトコの別腹

鈴鹿央士さん
「廣榮堂(こうえいどう)」の元祖きびだんご

岡山出身の僕にとってきびだんごと言えばこれ。小さいころから食べていたし、学校の給食で1個とか2個とか出てきたんですよ。

「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

おんなのイケ麺(めん)

望月理恵さん
「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

ラーメンはあまり食べないのですが、担々麺は大好き。特にこのお店は、一時期週3回も通っていたほどはまりました。

お知らせ(更新情報) 10月1日からはがき代が62円から63円に、往復はがき代が124円から126円になりますのでご注意下さい。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。