読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

鹿児島県霧島アートの森

五感を刺激する「望遠鏡彫刻」

鹿児島県霧島アートの森
「ベレシート(初めに)」 ダニ・カラバン 2000年 高さ240×幅144×奥行き2406センチ
鹿児島県霧島アートの森 鹿児島県霧島アートの森

 霧島連山・栗野岳の中腹、標高700メートルに位置する当館の13ヘクタールの敷地には、23の野外彫刻が点在しています。全て作家が実際に訪れ、設置場所を選んで制作しました。天候や季節により移り変わる周囲の景観も含めて作品と捉えています。

 イスラエル出身の環境彫刻家ダニ・カラバン(1930~2021)の「ベレシート(初めに)」は、長さ24メートルのコールテン鋼(耐候性鋼板)製。斜面に突き出したトンネルのようで、眺めるというより入って体験する作品です。

 内部を歩くと四方のスリット(すき間)から連続した光の線が差し込み、先端にはめ込まれたガラスの向こうに遮るもののない景色が一望できます。ガラス面には日本語、英語、ヘブライ語で「初めに、神は天地を創造された」という旧約聖書の冒頭の一節が刻まれています。

 カラバンの祖国は旧約聖書の主な舞台ですが、ここ霧島にも天孫降臨の神話が伝わります。世界中の人へ向けて自然をたたえ、平和を願う普遍的なメッセージを発信しているように思えます。

 作家自身は作品を五感を刺激する「望遠鏡彫刻」と考えており、一人一人がこの「装置」から何かを感じてほしいとも語っています。

 鹿児島県出身の八田隆(1952~)による「プライベート・ガーデン」は、大きな岩を割ってできた二つの石に部分的に手を加え、一つの作品としています。一見すると判別しにくいほど周囲となじんでいて、見る位置や距離によって見え方が変わり、「それぞれの庭」ができあがるといえます。

(聞き手・斉藤由夏)


 《鹿児島県霧島アートの森》 鹿児島県姶良郡湧水町木場6340の220(問い合わせは0995・74・5945)。午前9時~午後5時(入園は30分前まで)。320円。4月9日からアートホールで「新年度コレクション展」を開催。原則(月)休み。

やの・ゆうすけ

学芸員 矢野佑輔

 やの・ゆうすけ 早稲田大学文学部卒業。2018年4月から現職。近現代美術史専門。館内展示やイベントを多数担当。

(2022年3月29日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

私のイチオシコレクションの新着記事

  • 日本・モンゴル民族博物館 当館は兵庫県北部、山あいの豊岡市但東町にあります。

  • カメイ美術館 当館は仙台市に本社をおく商社カメイの第3代社長を務めた亀井文蔵(1924~2011)が半世紀以上かけて収集したチョウをコレクションの柱の一つとし、約4千種、1万4千匹の標本を展示しています。

  • シルク博物館 幕末以来長く横浜港の主要輸出品だった生糸(絹)をテーマに約7千点を所蔵

  • 平山郁夫美術館 平山郁夫(1930~2009)の「アンコールワットの月」は、好んで用いた群青ほぼ一色でカンボジアの遺跡を描いた作品です。

新着コラム