読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

燕市産業史料館

時代映す 世界のスプーン5千点

燕市産業史料館
プリカジュールスプーン ノルウェー 19世紀ごろ 長さ約17センチ(右)、約18センチ(中)、約12センチ(左)
燕市産業史料館 燕市産業史料館

 洋食器をはじめ金属加工業が盛んな新潟県燕市にある当館には、世界でも珍しいスプーンコレクションの展示室があります。東京や静岡で開業した医師で、画家でもあった故伊藤豊成さんが世界中から集めた約5千点の寄託を受けたものです。六つのエリアに分け、古代から現代までの品々を展示しています。

 身近な日用品のスプーンに関する文献は少なく、発祥については不明な部分が多いです。物をすくう道具として世界中で同時多発的に誕生したのではないでしょうか。

 ヨーロッパでは新石器時代の遺跡から素焼きや動物の骨を使った匙(さじ)が発掘されています。ギリシャ・ローマ時代には薬品の調合や、宴会の時に使われたようです。ローマ滅亡でスプーンの使用は途絶え、一般に普及したのは17~18世紀になってからです。

 ステンドグラスのように美しいプリカジュール(七宝の一種)のスプーンは、植物がモチーフ。金属の枠内にガラスの釉薬(ゆうやく)を流し込んでは焼く工程を繰り返して制作したと思われます。

 19世紀末、アールヌーボーの時代に流行したこの技法は高度な技術が要求され、現在では幻の技法です。ノルウェーで作られたというデータだけは残っていますが、こうした品がほかにどこかで作られたのかなどはわかっていません。

 裸婦像がモチーフのカトラリーは、彫刻家アルベルト・ジャコメッティが開いた教室で制作されたという資料が残っています。スプーンの形は何千年前から大して変わらない、いわば完成されたフォルムです。それを果敢にぶち壊す精神を感じて、面白いです。

(聞き手・吉﨑未希)


 《燕市産業史料館》 新潟県燕市大曲4330の1(問い合わせは0256・63・7666)。午前9時~午後4時半。400円。[月]([祝][休]の場合は翌日)、年末年始休み。

さいとう・ゆうすけ

学芸員 斎藤優介

 さいとう・ゆうすけ 1978年生まれ。京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)で文化財科学を専攻。2003年から現職。

(2022年4月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

私のイチオシコレクションの新着記事

  • 日本・モンゴル民族博物館 当館は兵庫県北部、山あいの豊岡市但東町にあります。

  • カメイ美術館 当館は仙台市に本社をおく商社カメイの第3代社長を務めた亀井文蔵(1924~2011)が半世紀以上かけて収集したチョウをコレクションの柱の一つとし、約4千種、1万4千匹の標本を展示しています。

  • シルク博物館 幕末以来長く横浜港の主要輸出品だった生糸(絹)をテーマに約7千点を所蔵

  • 平山郁夫美術館 平山郁夫(1930~2009)の「アンコールワットの月」は、好んで用いた群青ほぼ一色でカンボジアの遺跡を描いた作品です。

新着コラム