読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

日本・モンゴル民族博物館

命と向き合う遊牧民の暮らし

ゲル 1990年代半ば(推定) 直径約5・4、高さ約2・6~2・8メートル
ゲル 1990年代半ば(推定) 直径約5・4、高さ約2・6~2・8メートル
ゲル 1990年代半ば(推定) 直径約5・4、高さ約2・6~2・8メートル D.ウルタナサン、G.バルスボルド「上天より命ありて生まれたる蒼き狼」(部分) 2002年 紙、アクリル 縦1・38、横5・57メートル

 当館は兵庫県北部、山あいの豊岡市但東町にあります。モンゴルとの縁は1980年代、町おこしの一環で交流が始まったのがきっかけ。その後、在モンゴル日本大使館の元職員、金津匡伸さん(故人)が現地で収集した資料の寄贈を受けて96年に開館しました。

 「ゲル」はモンゴルの遊牧民が暮らすドーム状の組み立て式住居で、木製の骨組みに羊毛フェルトと布をかぶせています。

 モンゴルの遊牧民は主に馬、ラクダ、牛、ヤギ、羊を、大家族なら数百頭を飼育し、季節に応じて牧草地を移動します。3、4人が1~2時間ほどでゲルを組み立てられるといいますが、私たちが挑戦した時は8時間もかかりました。

 ゲルは保温性に優れ、最低気温が零下40度という極寒の冬でも屋内は快適に過ごせます。神聖とされる一番奥には仏具などが飾られ、中央にかまど、左右にベッドが置かれます。入って左手は馬具や家畜の調教具を置く男性の空間、右手は食事や乳製品を作る女性の空間とされています。

 玄関の扉に描かれた模様は羊の角がモチーフで、家畜が増えることや長寿、幸福を願う意味が込められています。このような模様は柱や机にも見られ、家畜の命と向き合う暮らしが反映されています。

 近年はソーラーパネルや携帯電話の普及に伴い、ゲルの中でテレビやインターネットを楽しむことも身近になっています。

 「上天(あまつかみ)より命(みこと)ありて生まれたる蒼(あお)き狼(おおかみ)」は、モンゴルの画家が当館に滞在し、約1年かけて制作しました。幅約6メートルにわたり、モンゴル高原の諸部族を統一したチンギス・ハーンの生涯が描かれています。戦いに強く統治能力も高かったチンギス・ハーンは、今もモンゴル人の誇りです。

(聞き手・深山亜耶)


 《日本・モンゴル民族博物館》兵庫県豊岡市但東町中山711(☎0796・56・1000)。午前9時半~午後5時(入館は30分前まで)。500円。原則(水)、年末年始休み。 

あさくら・ゆみ

学芸員 朝倉由美 さん

あさくら・ゆみ 1967年大阪府生まれ。京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)通信教育部芸術学科卒業。2013年から現職。

日本・モンゴル民族博物館
https://www3.city.toyooka.lg.jp/monpaku/index.html

(2024年5月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

私のイチオシコレクションの新着記事

  • カメイ美術館 当館は仙台市に本社をおく商社カメイの第3代社長を務めた亀井文蔵(1924~2011)が半世紀以上かけて収集したチョウをコレクションの柱の一つとし、約4千種、1万4千匹の標本を展示しています。

  • シルク博物館 幕末以来長く横浜港の主要輸出品だった生糸(絹)をテーマに約7千点を所蔵

  • 平山郁夫美術館 平山郁夫(1930~2009)の「アンコールワットの月」は、好んで用いた群青ほぼ一色でカンボジアの遺跡を描いた作品です。

  • 北海道立北方民族博物館 北海道網走市にある当館は、アイヌ民族を含め北半球の寒帯、亜寒帯気候の地域に暮らす民族の衣食住や生業(なり・わい)に関する資料を約900点展示しています。

新着コラム