私のイチオシコレクション

横浜浮世絵 神奈川県立歴史博物館

横浜浮世絵 神奈川県立歴史博物館

2018/12/25 更新

港町・横浜が発展したのは幕末、1859年の開港から。それまでは街道筋でもなく、主だった観光地もない小さな村でした。それが、外国船の波止場や外国人居留地が整備されて一躍脚光を浴びます。

アフリカ現代美術 世田谷美術館

アフリカ現代美術 世田谷美術館

2018/12/18 更新

1990年前後、天安門事件やベルリンの壁の崩壊など、世界全体が転換期を迎えました。アートの世界でも、欧米からアジアやアフリカなどに関心が移っていきます。

フォービスム ひろしま美術館

フォービスム ひろしま美術館

2018/12/11 更新

今年開館40年を迎えた当館では、フランス近代美術を中心とした所蔵品約300点から、約100点を年代順に展示しています。

アーティスツ・ブック うらわ美術館

アーティスツ・ブック うらわ美術館

2018/12/04 更新

「アーティスツ・ブック」は、芸術家が本や雑誌の形で作品や活動を発表する美術ジャンルです。1950年代から、欧米の作家を中心に見られるようになりました。

刑事資料 明治大学博物館

刑事資料 明治大学博物館

2018/11/27 更新

元々、法律学校として開学した明治大学。当館の刑事部門は、1929年設立の刑事博物館が前身です。刑罰関係の道具や資料を収集する目的で、学内に置かれました。

仏像写真 土門拳記念館

仏像写真 土門拳記念館

2018/11/20 更新

土門拳(1909~90)は、日本の文化や人物を題材に撮影を続けた写真家です。当館は出身地に全作品を贈りたいという土門の申し出から83年に開館しました。

オイルパステル画 サクラアートミュージアム

オイルパステル画 サクラアートミュージアム

2018/11/13 更新

艶(つや)やかで画材用紙への定着がよいクレヨンと、紙の上で自在に混色ができるパステル。双方の特性を兼ね備えたのが「オイルパステル」です。

竹久夢二 夢二郷土美術館

竹久夢二 夢二郷土美術館

2018/11/06 更新

岡山県出身の竹久夢二(1884~1934)は、「大正浪漫(ろまん)」を代表する画家。日本画をはじめ、作詩、デザインなど、多方面で活躍しました。

陶俑(とうよう) 松岡美術館

陶俑(とうよう) 松岡美術館

2018/10/30 更新

「俑」は人や動物の形をした像のこと。古代中国では死後も不自由なく暮らせるよう、王侯貴族の墓に陶俑を副葬していました。始皇帝を守る兵馬俑が有名ですね。漢代から唐代にかけて盛んに行われました。

広告 アドミュージアム東京

広告 アドミュージアム東京

2018/10/23 更新

当館は、日本初の広告とマーケティングのミュージアムです。2002年、電通の4代目社長、吉田秀雄の生誕100周年を記念し、開館しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。