読んでたのしい、当たってうれしい。

マリオンTIMES

柏木由紀さん 卒コンに捧げた想い

17年の軌跡をセットリストに

 AKB48グループで歴代メンバー最長の17年間にわたって活動した柏⽊由紀さん。アイドル⼈⽣の集⼤成を飾る卒業コンサートが3月16⽇、横浜市のぴあアリーナMMで開かれました。

 

 タイトルは「AKB48春コンサート2024 in ぴあアリーナMM 柏⽊由紀卒業コンサート〜17年間、歩いて来たこの道〜supported by イモトのWiFi」。

 客席が赤いライトで染まる中、ステージに登場した⽩いドレス姿の柏木さんは自身のソロ曲「火山灰」をしっとりと歌い上げます。故郷の⿅児島やアイドルとしての思いが歌詞に込められた思い入れある曲です。

 卒業コンサートにあたり、曲目、演出、出演する顔ぶれはすべて柏木さん自身が考えました。「17年間の柏木由紀のAKB48としての歴史が伝わるよう、(私が)見せたいものより、ファンの方が求めるものだったり、見たときに柏木由紀の17年がしっかり伝わったりするようなコンサートにしたいと考えました」と終演後の取材で振り返りました。

 

 しっとりしたオープニングから一転、AKB48の人気が急上昇した時期の代表曲「ポニーテールとシュシュ」「⾔い訳Maybe」「⼤声ダイヤモンド」、チームBの劇場公演で柏木さんがセンターを務めた「シアターの⼥神」を後輩メンバーとともに披露。10代だった柏木さんの、大人びた新たな魅力を引き出すきっかけとなった劇場公演曲「⼝移しのチョコレート」を歌い、趣向を凝らした演出が続きました。

 

 OGメンバーも続々と登場。柏木さんは宮澤佐江さんと「てもでもの涙」をデュエットし、倉持明⽇⾹さん、⾼城亜樹さんと組んだユニット「フレンチ・キス」も一夜限りの復活を果たしました。さらに「RIVER」で初代総監督の⾼橋みなみさんが「エーケービー」と掛け声をかけ、2代⽬総監督の横⼭由依さんとは「少⼥たちよ」を歌いました。

 AKB48と集英社がコラボした企画「チームPB チームYJ 神保町決戦」で、柏木さんがユニット「チームPB」でセンターを務めた「遠距離ポスター」を倉持さん、宮澤さんとともに披露しました。「チームYJ」の「Choose me!」で峯岸みなみさん、指原莉乃さんがステージに姿を現すとひときわ歓声が大きくなりました。

 

 終盤、1期生の⼩嶋陽菜さんも姿を見せ、柏木さんがシングルで初めてWセンターを務めた「Green Flash」を歌いました。柏木さんが感極まり声を詰まらせる場面も見られました。「OGとは同期や後輩の顔でステージに立てたのが懐かしい気持ちで、本当に長くいたんだなって思いました。ファンの方も盛り上がって喜んでくださっていました」。本編最後は初の単独センターを務める卒業シングル「カラコンウインク」で締めくくりました。

 アンコールを求める「ゆきりん」コールを受けて、柏木さんはピンクのドレスに⾝を包んで登場しました。「アイドルになる夢をかなえた⽇から17年間、毎⽇が夢のようでした。17年間いろいろなAKB48を⾒てきて、活動してきましたが、どの時代もその時のAKB48が⼀番だと思ってやってきたし、私は今のAKB48が最強で最⾼だと⼼の底から思っています。ファンのみなさんがメンバーの味⽅でいてくれたら嬉しいです」と、感謝とエールを送りました。

 自身の卒業ソング「最後の最後まで」を歌い終えるとしっとり雰囲気は一変。「チームB、集合!」の柏木さんのかけ声とともに初代チームBメンバーがステージに。ファン投票で人気曲を選ぶリクエストアワーで2009年に1位に輝いた「初⽇」をパフォーマンスし、現役とOG全員でインディーズ時代のAKB48の最初のシングル曲「桜の花びらたち」を歌いました。

 

 そして卒コンの最後の最後は再び「遠距離ポスター」。「私がユニットで初めてセンターを頂いたすごく大事な曲。本当は『桜の花びらたち』で終わる予定だったんですが、しっとり終わると私っぽくないかもと思い、現役メンバーと明るく楽しく『アイドル最高』『コンサート最高』って終わらせたいと考えたらぴったりなのがやっぱり『遠距離ポスター』でした。アイドルとファンとの関係を、私の中での理想として描かれている曲で、最後に歌う曲としてファンの方に残したかったです」。AKB48を心から愛するファン想いな柏木さんらしい演出でアイドルを貫く姿を見せました。

 

 柏木さんにとってアイドルとは? 終演後の取材で柏木さんはこう答えました。

 「アイドルは私の人生のすべてと言いますか、天職と自分で言うのはちょっとどうかなと思うんですけど、17年間やってきてアイドルをやること以外に見つけられなかったからこそ、こんなに長くいましたし、その中でもAKB48に入れたことが運命だったのかなと思います。これ以上の楽しいことはもうないかもって思えるぐらい、アイドルの17年間が本当に楽しかったです」

 振り返ってみて100点満点で言うと何点のアイドル人生でしたか?という質問にこう答えました。「100万点です。そのぐらい悔いはなく、もう楽しくやらせていただきました」

 AKB48劇場での卒業公演は4月30日に予定されています。

今、あなたにオススメ

マリオンTimesの新着記事

新着コラム