街の十八番

坂本屋@四谷

座布団大のカステラ切り分け

カステラにナイフを入れる純一さん(右)と晴子さん

カステラにナイフを入れる純一さん(右)と晴子さん

  • カステラにナイフを入れる純一さん(右)と晴子さん
  • 端の耳を落とし、切り分ける。手前が0・5斤(550円~)、奥は1斤(1100円~)。全国発送も可能(箱入りのみ)

 四ツ谷駅から国道20号(新宿通り)を新宿方面へ進むと、坂本屋はある。

 1897(明治30)年創業。午前6時ごろから、3代目の坂本純一さん(77)や職人ら3人で、縦42センチ、横56センチ、厚さ7センチの、座布団のような大きさのカステラ(8斤分)を10枚以上焼き上げる。材料は卵、小麦粉、砂糖、水あめ、みりんとシンプルだ。冷めてからまな板にのせ、竹定規で測り、0・5斤から3斤に切り分ける。

 「卵の泡立ちがカステラ作りの要。泡立ちが甘いとふんわりせず、泡立ちすぎると焦げやすい」と純一さんは言う。膨張剤を使わず、ガス窯で約1時間かけ、ふっくらと焼き上がったカステラ。つややかな茶色い焼き色と、卵の自然な黄色が生きる断面のコントラストが目に鮮やかに映る。

 「近くの上智大を卒業した作家の井上ひさしさんも、度々いらっしゃいました」と話すのは妻の晴子さん(75)。学生時代にはなかなか買えなかったと懐かしんでいたそうだ。昔も今も、四谷の名物として愛され続けている。

(文・写真 下島智子)


 ◆東京都新宿区四谷1の18(TEL03・3351・0195)。午前9時半~午後6時((土)は5時まで)。原則(日)(祝)休み。四ツ谷駅。

(2018年11月30日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
石川べっ甲製作所@墨田

石川べっ甲製作所@墨田

墨田区太平で216年続く石川べっ甲製作所。7代目で、5人の職人の一人でもある石川浩太郎さん(40)は8年前、江東区亀戸の商店街にべっこうの商品販売店「江戸鼈甲(べっこう)屋」をオープンした。

塩瀬総本家@築地

塩瀬総本家@築地

来年で創業から670年。室町時代に中国から来た林浄因が奈良で作って売った「饅頭(まんじゅう)」を起源とする。

徳太樓@浅草

徳太樓@浅草

浅草寺の北側にある和菓子屋「徳太樓(ろう)」。1903(明治36)年創業。看板商品は、甘さが控えめで、中が透き通って見える薄皮の「きんつば」だ。

カフェーパウリスタ@銀座

カフェーパウリスタ@銀座

丸いひさしの下のガラス戸を開けて店に入ると、香ばしい香りに包まれた。1階はシャンデリアが光るシックな雰囲気、3年前に開設した2階は大きな窓から光が注ぎ、銀座中央通りがよく見える。

新着コラム 一覧を見る
「赤福」の赤福餅

オトコの別腹

伊藤健太郎さん
「赤福」の赤福餅

伊勢(三重県)は第二の故郷という感じです。母方の祖父母の家が伊勢神宮の近くにあって、学校が夏休みや冬休みの間は伊勢に滞在することが多かったんです。

「道頓堀今井」のきつねうどん

おんなのイケ麺(めん)

阿川佐和子さん
「道頓堀今井」のきつねうどん

東京生まれで、関東の味に慣れていたので、小学生の頃、初めて食べた関西のきつねうどんに、とても感動しました。

「グレーの柳」

美博ノート

「グレーの柳」

黎明(れいめい)期の洋画の啓蒙(けいもう)と普及に努めた浅井忠(ちゅう)(1856~1907)。

キリン 鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

アートリップ

キリン 
鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

静かな住宅街の一角。東京都練馬区立美術館につながる「美術の森緑地」に足を踏み入れると、不思議な生き物たちの彫刻群に出会った。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。