街の十八番

坂本屋@四谷

座布団大のカステラ切り分け

カステラにナイフを入れる純一さん(右)と晴子さん

カステラにナイフを入れる純一さん(右)と晴子さん

  • カステラにナイフを入れる純一さん(右)と晴子さん
  • 端の耳を落とし、切り分ける。手前が0・5斤(550円~)、奥は1斤(1100円~)。全国発送も可能(箱入りのみ)

 四ツ谷駅から国道20号(新宿通り)を新宿方面へ進むと、坂本屋はある。

 1897(明治30)年創業。午前6時ごろから、3代目の坂本純一さん(77)や職人ら3人で、縦42センチ、横56センチ、厚さ7センチの、座布団のような大きさのカステラ(8斤分)を10枚以上焼き上げる。材料は卵、小麦粉、砂糖、水あめ、みりんとシンプルだ。冷めてからまな板にのせ、竹定規で測り、0・5斤から3斤に切り分ける。

 「卵の泡立ちがカステラ作りの要。泡立ちが甘いとふんわりせず、泡立ちすぎると焦げやすい」と純一さんは言う。膨張剤を使わず、ガス窯で約1時間かけ、ふっくらと焼き上がったカステラ。つややかな茶色い焼き色と、卵の自然な黄色が生きる断面のコントラストが目に鮮やかに映る。

 「近くの上智大を卒業した作家の井上ひさしさんも、度々いらっしゃいました」と話すのは妻の晴子さん(75)。学生時代にはなかなか買えなかったと懐かしんでいたそうだ。昔も今も、四谷の名物として愛され続けている。

(文・写真 下島智子)


 ◆東京都新宿区四谷1の18(TEL03・3351・0195)。午前9時半~午後6時((土)は5時まで)。原則(日)(祝)休み。四ツ谷駅。

(2018年11月30日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
いせ源@神田

いせ源@神田

秋葉原の電気街にほど近い神田須田町。靖国通りと神田川の間に、戦災を免れた老舗飲食店が軒を連ねる。その一角の「いせ源」は、1830(天保元)年創業のアンコウ料理専門店だ。

銀座 高橋洋服店@銀座

銀座 髙橋洋服店@銀座

東京・銀座の目抜き通り「晴海通り」に面するビルの3階に店を構える。4代目店主の高橋純さん(69)と、次男で後継者の翔さん(34)ら、「カッター(裁断師)」と呼ばれる技術者5人が対面販売をし、採寸から納品までを手がけている。

石田琵琶店@虎ノ門

石田琵琶店@虎ノ門

再開発が進む虎ノ門地区のど真ん中。1878年創業の石田琵琶店がたたずむ。西南戦争に従軍した初代が、兵士が弾く琵琶の音に感銘を受け、薩摩から3人の職人を連れ帰ったのが始まり。

柴沼醤油醸造@茨城・土浦

柴沼醤油醸造@茨城・土浦

江戸時代、土浦藩が製造を奨励し、江戸中期には約20の醤油(しょうゆ)蔵があったという土浦。江戸の風俗を記録した「守貞謾稿(もりさだまんこう)」には、野田(千葉県野田市)と並び、土浦のものは質が良いと書かれている。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

岡田美術館

気になる一品

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。