街の十八番

坂本屋@四谷

座布団大のカステラ切り分け

カステラにナイフを入れる純一さん(右)と晴子さん

カステラにナイフを入れる純一さん(右)と晴子さん

  • カステラにナイフを入れる純一さん(右)と晴子さん
  • 端の耳を落とし、切り分ける。手前が0・5斤(550円~)、奥は1斤(1100円~)。全国発送も可能(箱入りのみ)

 四ツ谷駅から国道20号(新宿通り)を新宿方面へ進むと、坂本屋はある。

 1897(明治30)年創業。午前6時ごろから、3代目の坂本純一さん(77)や職人ら3人で、縦42センチ、横56センチ、厚さ7センチの、座布団のような大きさのカステラ(8斤分)を10枚以上焼き上げる。材料は卵、小麦粉、砂糖、水あめ、みりんとシンプルだ。冷めてからまな板にのせ、竹定規で測り、0・5斤から3斤に切り分ける。

 「卵の泡立ちがカステラ作りの要。泡立ちが甘いとふんわりせず、泡立ちすぎると焦げやすい」と純一さんは言う。膨張剤を使わず、ガス窯で約1時間かけ、ふっくらと焼き上がったカステラ。つややかな茶色い焼き色と、卵の自然な黄色が生きる断面のコントラストが目に鮮やかに映る。

 「近くの上智大を卒業した作家の井上ひさしさんも、度々いらっしゃいました」と話すのは妻の晴子さん(75)。学生時代にはなかなか買えなかったと懐かしんでいたそうだ。昔も今も、四谷の名物として愛され続けている。

(文・写真 下島智子)


 ◆東京都新宿区四谷1の18(TEL03・3351・0195)。午前9時半~午後6時((土)は5時まで)。原則(日)(祝)休み。四ツ谷駅。

(2018年11月30日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
水戸元祖 天狗納豆@水戸

水戸元祖 天狗納豆@水戸

茨城といえば納豆というイメージをつくったのが水戸の「天狗(てんぐ)納豆」。

大和屋@日本橋

大和屋@日本橋

東京・日本橋、三越前に店を構えるかつお節専門店。江戸末期、新潟出身の初代が、魚河岸のあった日本橋で商いを始めた。

佐野造船所@東京・潮見

佐野造船所@東京・潮見

水都・江戸で物流を担ったのは木造船だった。かつて、和船をつくっていた船大工は今はほとんど姿を消した。佐野造船所は、船大工の職人技を代々受け継ぎながら生き延びてきた。

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

「エイ」「ヤー!」。勇ましいかけ声と木刀の打ち合う音が響く。千葉県香取市、香取神宮のほど近く。約600年連綿と伝えられてきた古武術、天真正伝(しょうでん)香取神道流の本部道場だ。

新着コラム 一覧を見る
やなぎみわ さん(美術家、演出家)「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

私の描くグッとムービー

やなぎみわ さん(美術家、演出家)
「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

大学生のとき、オールナイト上映で見ました。何が言いたいのか全然わからなかったけれどラストで感動した、初めての映画です。

ブームの卵

ブームの卵

5月24日 注目グッズ
「SinkPlate」など

食器を洗っていて、気がつくと洋服がビショビショにぬれていたことってない?

「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

オトコの別腹

中村征夫さん
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

水中での撮影は体力勝負です。自分の体やカメラが潮に流されないように、撮りたい瞬間を待つ。神経も使います。その合間に食べたくなるのが、このかりんとう。

「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

おんなのイケ麺(めん)

文月悠光さん
「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

2010年に大学進学で札幌から上京しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。