街の十八番

カトレア@森下

カトレア@森下

2018/09/14 更新

下町風情漂う深川地区の森下に、「元祖カレーパン」を看板商品に掲げるパン屋がある。

野口鍛冶店@埼玉・久喜

野口鍛冶店@埼玉・久喜

2018/09/10 更新

野口鍛冶(かじ)店は1887(明治20)年に創業し、農具を作ってきた。

神茂(かんも)@日本橋

神茂(かんも)@日本橋

2018/09/03 更新

日本橋の中央通りから路地に入ると「神茂」がある。店にはかまぼこなど約50種の練り物が並ぶが、中でも人気の「手取り半ぺん」は1688(元禄元)年の創業当時の製法で作り続けている。

玉力製菓@埼玉県川越市

玉力製菓@埼玉県川越市

2018/08/27 更新

8月上旬の猛暑日。川越の観光名所「菓子屋横丁」の一角にある飴屋、玉力製菓では、4代目久保田淳(じゅん)さん(44)と妻の友美さん(44)が黙々と作業をしていた。

金子屋@神奈川・伊勢原

金子屋@神奈川・伊勢原

2018/08/13 更新

神奈川県伊勢原市の大山(標高1252メートル)。大山阿夫利神社へ向かうこま参道の一角に金子屋がある。江戸時代中期から続く大山こまを扱う土産物店だ。

萬年堂本店@銀座

萬年堂本店@銀座

2018/08/06 更新

京都・寺町で1617(元和3)年に創業。「亀屋和泉」の屋号で、御所などに菓子を納めた。維新後の東京遷都に伴い1872(明治5)年、東京・八重洲に移転、今の屋号となった。

宮本卯之助商店@浅草

宮本卯之助商店@浅草

2018/07/30 更新

創業は文久元(1861)年。茨城・土浦で太鼓店を営んでいたとされ、当時の屋号「山城屋」の焼き印が今も残っている。

逸見(へんみ)織物@埼玉・秩父

逸見(へんみ)織物@埼玉・秩父

2018/07/23 更新

モダンな模様、安価で丈夫な生地。「大正ロマン」の代名詞とされる絹の平織物、銘仙は、女性の普段着の和服地に用いられ大流行した。

篠原風鈴本舗@瑞江

篠原風鈴本舗@瑞江

2018/07/13 更新

江戸時代の中ごろ、長崎のビードロ師から江戸の町に伝わったとされるガラス製の風鈴。夏の風物詩、江戸川河川敷の花火大会で知られる江戸川区で風鈴をつくる篠原風鈴本舗は、初代が1915(大正4)年に東京・下谷で創業。

うちわの太田屋@千葉・南房総

うちわの太田屋@千葉・南房総

2018/07/09 更新

千葉県・房総半島の南、緑豊かな里山に一軒の工房がたたずむ。房州うちわの伝統を守る太田屋だ。

広告

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。