街の十八番

石川べっ甲製作所@墨田

江戸べっこうの伝統 今も

江戸鼈甲屋の店内に立つ石川浩太郎さん。同店は全国から修理も受け付けている

江戸鼈甲屋の店内に立つ石川浩太郎さん。同店は全国から修理も受け付けている

  • 江戸鼈甲屋の店内に立つ石川浩太郎さん。同店は全国から修理も受け付けている
  • 左から、メガネ(フレーム、45万円)、かんざし(60万円)、腕時計(ベルト、12万円)

 墨田区太平で216年続く石川べっ甲製作所。7代目で、5人の職人の一人でもある石川浩太郎さん(40)は8年前、江東区亀戸の商店街にべっこうの商品販売店「江戸鼈甲(べっこう)屋」をオープンした。店内のショーケースには、あめ色の高級アクセサリーやメガネなどが並んでいる。江戸時代、吉原の花街文化とともに隆盛した「江戸べっこう」は、現在台東・墨田・江東区近辺に約20人の職人が残る。

 原料はウミガメの一種、タイマイの甲羅。1992年のワシントン条約で輸入が禁じられてから、国内の在庫を大切に使ってきた。べっこうは厚さ約0・5ミリの膠質(にかわしつ)で、何枚も貼り合わせて板を作り、熱加工して成形する。「手作業でしか作れないオンリーワンの品です」。貼り合わせだからこそ、壊れたときはつなぎ合わせて修理できる一生ものだ。2015年には国の伝統的工芸品に指定された。

 亀戸の販売店名からあえて石川の名を外したのは、「一番の目的は文化の継承ですから」と浩太郎さん。逆境をバネに未来を模索している。

(文・写真 星亜里紗)


 ◆東京都墨田区太平4の22の5。江戸鼈甲屋は、江東区亀戸2の36の10(TEL03・3636・3595)。午前10時~午後7時。(火)休み。亀戸駅。

(2018年12月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
水戸元祖 天狗納豆@水戸

水戸元祖 天狗納豆@水戸

茨城といえば納豆というイメージをつくったのが水戸の「天狗(てんぐ)納豆」。

大和屋@日本橋

大和屋@日本橋

東京・日本橋、三越前に店を構えるかつお節専門店。江戸末期、新潟出身の初代が、魚河岸のあった日本橋で商いを始めた。

佐野造船所@東京・潮見

佐野造船所@東京・潮見

水都・江戸で物流を担ったのは木造船だった。かつて、和船をつくっていた船大工は今はほとんど姿を消した。佐野造船所は、船大工の職人技を代々受け継ぎながら生き延びてきた。

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

「エイ」「ヤー!」。勇ましいかけ声と木刀の打ち合う音が響く。千葉県香取市、香取神宮のほど近く。約600年連綿と伝えられてきた古武術、天真正伝(しょうでん)香取神道流の本部道場だ。

新着コラム 一覧を見る
明治学院大学13号館(東京都港区)

建モノがたり

明治学院大学13号館(東京都港区)

キャンパスの奥まった一角にある箱のような建物。木の格子にすっぽり覆われたこれは何?

NTTインターコミュニケーション・センター〔ICC〕

ロゴ散歩

NTTインターコミュニケーション・センター〔ICC〕

電話事業100周年を記念して1997年にオープンしたNTTインターコミュニケーション・センター〔ICC〕。

薔薇(ばら)

美博ノート

薔薇(ばら)

花瓶いっぱいに咲きほこるバラ。バラは和田英作(1874~1959)が好んで描いたモチーフだ。

十倉金之作 昭和初期 43.5×24×31.5センチ

私のイチオシコレクション

八雲町郷土資料館・木彫り熊資料館

北海道土産として知られる木彫り熊は函館の北約70キロに位置する八雲町で始まりました。

お知らせ(更新情報)

■新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。