街の十八番

矢切の渡し@千葉・松戸 東京・柴又

演歌のヒットで一躍人気に

約7メートルの櫓を巧みに操る杉浦勉さん

約7メートルの櫓を巧みに操る杉浦勉さん

  • 約7メートルの櫓を巧みに操る杉浦勉さん
  • 客を運ぶ尊さん。背後に柴又側の渡し場が見える。片道の運賃は中学生以上200円、4歳~小学生100円。強風時や混雑時は船外機を使う

 30人乗りの手こぎ舟が江戸川を静かに横切る。都内に唯一残る渡し舟「矢切の渡し」だ。千葉県松戸市下矢切、東京都葛飾区柴又間の約150メートルを片道5分で結ぶ。江戸初期に幕府が農民のために設けた渡し場が起源。「明治の初めから杉浦家が船頭をするようになったと聞いている」と4代目の杉浦勉さん(61)。大学卒業後、今は亡き父・正雄さんと共に植木職人をしながら運営してきた。松戸側では小さな売店も営む。

 矢切の渡しが知られるようになったのは1969年公開の映画「男はつらいよ」第1作。寅さんが故郷の柴又へ帰ってくるシーンに使われた。83年には細川たかしさんらが歌った演歌「矢切の渡し」が大ヒット。渡し舟の存在は全国的に広まった。「あの頃は2千人以上の客を乗せた日もあった。ほぼ休みなく働いてたね」

 今も各地から観光客が訪れる。柴又側から往復で乗る客が多いが、年末年始は柴又帝釈天への参拝客で松戸側も客が列をなす。共に櫓(ろ)を握る長男の尊(たける)さん(26)には「お客さんの安全を第一に」と教えている。

(文・写真 牧野祥)


 ◆(土)(日)(祝)と12月29日~1月7日の午前10時~午後4時。雨天・荒天日は休み。3月中旬~11月は毎日(7、8月は(月)(火)休み)。問い合わせは杉浦さん(047・363・9357)。

(2018年12月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
柴沼醤油醸造@茨城・土浦

柴沼醤油醸造@茨城・土浦

江戸時代、土浦藩が製造を奨励し、江戸中期には約20の醤油(しょうゆ)蔵があったという土浦。江戸の風俗を記録した「守貞謾稿(もりさだまんこう)」には、野田(千葉県野田市)と並び、土浦のものは質が良いと書かれている。

黄八丈めゆ工房@八丈島

黄八丈めゆ工房@八丈島

都心から約290キロ離れた八丈島には、島の名前の由来ともいわれる絹織物「黄八丈」がある。

よのや櫛舗@浅草

よのや櫛舗@浅草

観光客でにぎわう浅草の伝法院通りに、全国に10軒もないという本つげ櫛(ぐし)の専門店がある。

浅尾拂雲堂(あさおふつうんどう)@上野

浅尾拂雲堂(あさおふつうんどう)@上野

東京芸大上野キャンパスの近く。閑静な住宅街に入ると柱や壁が緑色に塗られたかつての店舗が現れた。

新着コラム 一覧を見る
IBARAKI sense(イバラキセンス)

アンテナショップ@東京

IBARAKI sense(イバラキセンス)

JR有楽町駅近くの首都高速道路高架下にある茨城県のアンテナショップが、2018年10月25日にリニューアルオープンした。

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

美博ノート

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

神社と動物の関わりは深い。それぞれの由緒にちなんで、サルやキツネをモチーフにした陶製の像も岐阜県東濃地方で奉納された。

九州国立博物館

気になる一品

九州国立博物館

野帳(やちょう)は、考古学者が発掘現場で使うフィールドノート。 九州国立博物館では「オリジナル野帳」を販売中。

和ガラス 瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

私のイチオシコレクション

和ガラス 
瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸前期、南蛮船が持ち込んだガラスに魅了された日本の職人が、中国伝来の鉛ガラス素地を用いて日本独自のガラス製品を生み出していきました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。