ひとえきがたり

桃源台駅(神奈川県、箱根ロープウェイ)

笑顔広げる5千個の手裏剣

姥子駅―桃源台駅を往来するロープウェイの下、富士山柄の折り紙で作った手裏剣を手にする今村真理子さん=神奈川県箱根町

姥子駅―桃源台駅を往来するロープウェイの下、富士山柄の折り紙で作った手裏剣を手にする今村真理子さん=神奈川県箱根町

  • 姥子駅―桃源台駅を往来するロープウェイの下、富士山柄の折り紙で作った手裏剣を手にする今村真理子さん=神奈川県箱根町
  • 地図

 「これ、どうぞ」。駅の案内窓口を訪れた小学生の姉弟がぱっと笑顔になった。手には折り紙で作った小さな手裏剣。手渡した箱根町観光協会職員の今村真理子さん(50)も思わずほほ笑んだ。

 今村さんが案内窓口に勤め始めたのは昨年4月。1カ月後、箱根山・大涌谷(おおわくだに)周辺の噴火警戒レベルが引き上げられ、立ち入り規制区域を通過する箱根ロープウェイは、早雲山駅―桃源台駅間の全線が運休となった。10月末、姥子(うばこ)駅―桃源台駅の一部が運行再開となったものの、2014年度は255万人だったロープウェイ利用客数は、大幅に減少した。

 大涌谷の名物・黒たまごが食べられず落胆する観光客を見て、「何かできることはないかと毎日考えていました」と今村さん。9歳の孫が遊ぶ姿から思いついたのが折り紙だった。富士山柄の折り紙を百円ショップで購入、帰宅後や休憩時間を使って折った。6月から今まで窓口で配った手裏剣の数は5千個以上だという。

 折り紙は、増え続ける外国人観光客との会話のきっかけにもなった。台湾から姉夫婦と旅行に訪れていたリー・インチンさん(30)は手裏剣を手にすると、忍者が投げるまねをしてみせた。「very nice!」。簡単な英語でも折り紙で心が通じ合う。

 箱根登山バスや海賊船のターミナルでもある桃源台駅。各社のスタッフがロープウェイの運行再開を願い、励まし合ってきた。「あたたかい仲間、チーム桃源台です」。駅は少しずつ活気と笑顔を取り戻している。

文 秦れんな撮影 伊ケ崎忍 

 沿線ぶらり  

 箱根ロープウェイは早雲山駅(神奈川県箱根町)から桃源台駅(同)を結ぶ4駅、4キロ。高低差303メートルの勾配を24分で運行する(現在早雲山駅~姥子駅までは運休)。

 箱根観光には、箱根フリーパスが便利。バスや電車など8種類の乗り物に乗れ、約50の観光施設で優待や割引を受けられる。新宿駅からの利用で5140円(2日間有効)。問い合わせは小田急お客さまセンター(03・3481・0066)。

 桃源台駅から徒歩10分の箱根ビジターセンター(TEL0460・84・9981)では、箱根の自然情報や火山の歴史を模型や映像などで学べる。

 

興味津々
ふわとろオムライス

 駅舎地下1階の桃源台ビューレストラン(TEL0460・84・8887)は地元産の食材を使ったメニューが豊富。人気のふわとろオムライス(1200円)は、御殿場産の卵を使用。窓際のカウンター席からは芦ノ湖を一望できる。午前10時~午後4時。不定休。

(2016年2月16日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ひとえきがたり」の新着記事 一覧を見る
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

阿蘇山火口丘にある夜峰(よみね)山の裾野に、田園が広がる。その中を走ってきた列車が、十二角形の屋根を持つログハウス風駅舎の前で止まった。

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

城崎温泉駅から普通列車で西へ30キロ。トンネルを抜け、余部橋梁(きょうりょう)に差し掛かった瞬間、眼下に青々とした日本海が広がった。

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

田園風景を抜けると、重厚な佇まいの駅舎が現れる。欧州の建築様式を採り入れた瓦屋根の2階建て。1950年建造の駅舎は今取り壊し論争の渦中にある。

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

今年、世界遺産登録20周年を迎える宮島・厳島神社への玄関口。広電の電車を降りた人々が、JR宮島口駅からまっすぐ港へのびる道を歩いてくる人々と駅前ロータリーで合流し、足早にフェリー乗り場へと向かっていく。

新着コラム 一覧を見る
河内遙さん(漫画家)「ギター弾きの恋」(1999年)

私の描くグッとムービー

河内遙さん(漫画家)
「ギター弾きの恋」(1999年)

中学の頃から追いかけ始めたウディ・アレン作品の中でもシンプルな物語です。

ブームの卵

ブームの卵

12月13日 注目グッズ
「リンクカレンダー2020」など

12月も、もう半ば。来年こそはしっかり計画を立てたい!って思っている君、壁掛けカレンダーの「リンクカレンダー2020 A4サイズ」(2750円)を使ってみない?

「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おんなのイケ麺(めん)

山田真歩さん
「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おそばが好きなんです。仕事でいろいろなところに行きますが、行った先ではまずそば屋を調べますね。

JICA横浜 海外移住資料館

気になる一品

JICA横浜 海外移住資料館

明治~昭和期に海外へ移住した日系人の歴史や暮らしを紹介する海外移住資料館。3階のポートテラスカフェでは、日系人の食文化を体験できる「コラボレーションセット」(900円)を提供。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。